園長だより

学園の様子と、園長の日々想うこと、日々の学びを、つれづれに書きしるすブログです

自律神経

2017年03月08日 05時41分16秒 | Weblog

自律神経は、なかなかコントロールすることが難しいとされています。

睡眠や食欲、生理的な働き、健康に活き活きと創造的に機能するためには、自律神経が効果的に機能する必要があります。

わたしは以前から、自律神経が不調になることは少なかったのですが、マインドフルネスやヨーガを実際にやるようになって

特に、状態がよくなったことを実感しています。

体重も落ち、疲れにくくなり、心がより落ち着いてきた感覚が増しています。

幸福感や生きる意味が鮮やかになってきた感覚があります。

呼吸法や瞑想やヨーガが、自律神経系統によい影響を及ぼしているという実感があります。

 

さらには、心理的な緊張、不安を伴う場面においても、有効であることを実感しています。

今月、超越瞑想を学ぶことになり、事前学習として、何冊か本を読んでいます。

多くの本を読んできて学んだのは、本で読んだだけで終わると、頭だけの人になってしまいますが、実際に行動に移し、実際に体験し、体感し、実感が伴うようになったものだけが、ほんとうのものであることがわかります。

実際に学んだことを実践する、行動することがあってはじめて、意味のあるものになってきます。

 

そのような体験を伴う内容が、人に対してよい意味での影響力を持つと思います。

自分自身の自律神経に意識が向くようになると、体調に対する意識が「安らぎに満ちた鋭敏さ」というものを体験するようになります。

人に対する思いやりやよい影響を持ちたいと思うならば、自律神経が穏やかで安らぎに満ちた鋭敏さを持っていることが、とても大事なことだと理解します。

少なくても、一人ひとりが自分から自発的に行動を起こすことで、流れを変えることができることは、すでにわたしは実感しているところです。

それは読書の習慣が、実際の生活を変え、習慣の力により、生活が徐々に確実に変わってきたことを実感しております。

 

日々の習慣がとても大きな力を持っていることを、体感しています。

今後も、自律神経や全細胞によい影響を与えるような生活習慣を続けていきたいと思います。

 

 

最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 振り返り | トップ | 自分から〜する »
最近の画像もっと見る

あわせて読む