ちょぺっと一言

お寄せいただいた投稿は管理者が内容を確認してからの掲載となります。個人攻撃、内容が不適切な投稿は掲載されません。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

拝啓 ルノワール先生ー梅原龍三郎に息づく師の教え

2016年12月20日 | 感想


ペア券ありがとうございました。
12月上旬、行ってきましたよ、
「拝啓 ルノワール先生ー梅原龍三郎に息づく師の教え」展に。

三菱一号館美術館は初めてではなかったので、迷うこともなく。
(階段の上り下りには閉口しましたが)
どの絵ももちろん素晴らしかったのですが、
何より企画力に感心。
梅原やルノワールの絵はもちろんなのですが、
ルオーやピカソ、モネらの作品も同時に見られるなんて・・・、
贅沢の極みでした。

梅原の模写の独創性、ルノワールのライバルに対しての
人間くささあふれる感情ほとばしる手紙の数々・・・、
建物の風情も含め至福のひとときでした。

会場を出て、向かいのKITTEに。
大きなクリスマスツリーに人の群れ。
翌日は迎賓館に。
ここも長蛇の列。
ヴェルサイユやシェーンブルンにも引けをとらず。
深夜、新青森駅に。
人影まばらの雪道ドライブでしたが、幾分ほっとしました。
                                          2016/12/19    
青森市  白鳥 修

『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新宿御苑 | トップ | カリーナ来日珍道中 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む