晴れのち晴れところにより晴れ

希望を胸にいつも晴れた気持ちのブログを・・京都の街から発信いたします*****

孫への思いは如何に・・・

2014年04月27日 | 日記
60歳から晴れのち晴れの気持ちで生きているhareotokoです。小生60歳を数年過ぎ孫が4人います。若き頃孫ほど可愛いものはないと聞きましたが、この歳になり確かに孫ほど可愛いものはないと確信いたします。今からお話する孫は、初孫A君4月からピカピカの小学1年生になった男の子です。口は達者で、誰とでも挨拶して明るく行動は活発、幼稚園の頃は必ず両親に言わず土曜や日曜日の朝、「今から遊びに行きたいし迎えに来てくれる」とジジイの携帯に掛けてくる。ジジイは嬉しくて息子や嫁に確認せずに20分駆けて迎えに行って「今日は用事があるので・・・」と親から言われ孫に「今度待ってるで」と約束して渋々帰宅することも度々あった。今日その孫A君が朝からいつもとおり電話があり我が家に来たのですが、何かいつもと様子が違う活発さがなく、体調が悪いのかと聞いても否定するし、家内が体温計を出してきて熱を測れば、なんと38度「え・・・・」絶句、直ぐにママに連絡してご帰還となった。ジジイは心配で心配で、息子2人にここまで心配したかなあ?
テレビで尖閣問題で中国との摩擦やいじめ問題を報道される度、孫のことを考え胸が苦しくなる思いに、ここでまた息子を育てて来て、こんな思いになっただろうかと考えてしまう。

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こんな偶然てあるの・・・ | トップ | 嫌になっちゃうわ »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
読者登録、有難うございました。 (エコエコ)
2014-04-29 00:08:47
hareotokoさん、こんばんは。
晴れのち晴れ…素敵なブログ名ですね。
人生の大先輩として、楽しみに拝見させていただきます。よろしくお願いいたします!

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事