下町で戯言を・・・

おちゃめな下町の人々やお店を紹介・・しようかな?どこへ行くかな?このブログ

国民(メディア)が選ぶ政治家も官僚もみんな裕福なアスペルガー症候群

2017-07-27 10:40:16 | 政治

45歳男性がゴミ屋敷で怒りをブチまける事情 「私のような障害者に必要なのは公助だ」

 

ゴミ屋敷はテレビでもよく見るけど、この記事の男性はそうしたよくあるゴミ屋敷の主とは少し違い、高学歴で、家庭的にも恵まれてちゃんと躾られているような人物。

ではなぜ今こうなっているのか、アスペルガー症候群でそれに気づかず放っておいた結果、二次的にうつ病も併発しているらしい。


アスペルガー症候群。

今でこそ知られているけど、昔はあまり知られていなかった。変わった子だと嫌厭されるだけだったろう。先生としては勉強ができればそれでよしだし。変わり者でしかも勉強もできなければ当然いじめの対象になるが、昔のいじめは今ほど犯罪的でもなく、自殺にまでは至らなかった。

そもそも今のいじめは明るくて勉強もできるような、昔なら好かれるような子が対象にもなるような時代だから、今はまったくいじめの質が違うのは歴然。つまり今のいじめは確信犯なのだ。何を確信しているのかといえば確実に人を潰すことを目的としているということ。昔のいじめは、何となく変な奴とか駄目な奴という感じではあっても、いじめの裏には「もっとがんばれよ」とか「ちゃんとしろよ」というメッセージが隠れていた。当然いじめる側にはっきりとそうした認識はなかったかもしれないけど・・自然とそういう感じになっていたように見受けられる。

今のいじめはそうではない。確実に人間そのものを陥れようという悪魔的な感覚が蠢いている。しかも教師もそれに加担するという異常な時代だ。

まぁいじめ話はこの辺にして。


アスペルガーのことを詳しくは分からないけど、その名を知られてきて、そうしたお子さんをもつ親御さんも知識の共有ができてきているので、教育にも工夫したり理解されやすくはなってきているらしい。

アスペルガーとが名前がついているだけで、本当は障害でも何でもなく単に強い個性の現れであり、障害として出てくるのは人間関係なので、その強い個性を理解してもらえるように、むしろ周りの人への愛情を本人が持てるかどうかで結構違ってくるんじゃないかと思う。人が嫌だとか迷惑だ思うことはしてはいけないんだと本人に一つ一つわかってもらうことが大事なんだろうな。いかにそこを本人に理解してもらうか、しかないのかもしれない。アスペルガーといわれてしまう所以はそこにありそうなのでとっても難しい事なのかもしれませんが。

このゴミ屋敷主人のお母さんは躾よりはむしろ、「人への愛情」をこの人から引き出してあげることを重視していたら、もしかしたら、周りの人の意見を聞き入れることができたかもしれません。そして、少なくとも玄関の外にまで本が溢れることを防げたかもしれない。

躾そのものは、周りの人への思いやりも含んではいますが、ともすると、周りの人からの評価を受けるためになされやすいものです。そうなると「人への愛情」という観点は薄らぎます。

 

それよりこのゴミ屋敷の主人を見ていると、特徴的なのはその経済観念。

10万にも満たないパートの給料と障害年金あわせて月15万にもならない。されど15万ですわ。

上手にやりくりすれば男一人生きていくには困らないはず、なのにこの方、なにやらお金の使い方に“こだわり”があるのか無駄に無くしているんですよね。

ここは、アスペルガーだから経済観念が間違っているのではなく、むしろ間違った経済観念を「治せない」というところにこの人弱点が出てしまっているのではないでしょうか。ま、その弱点がアスペルガーの特徴といわれているところ。

この経済観念自体は、多分、そこそこ家庭が裕福なところからきていると思われます。


この人のお金の使い方見ていて、彷彿としてくるのは。

政府の税金の使い方です。

とても、類似しているような気がするんですよね。

どうしてこんな使い方するんだろう??とかいうあたり。

そう考えて思った。

官僚とか政治家ってほぼほぼ「裕福なアスペルガー症候群」なんじゃないかって。


だってあの税金の使い方まったく治らないじゃないですか。彼ら。

しかもその間違った税金の使い方に誰も異議を唱える者もいない。まぁね異常なことですよ

 

増税してばら撒く。

増税してばら撒く。

もうなん十年もこの繰り返し。

有効に使おうという人はひとっりもいない。

かつて民主党に政権交代したときですよ。「振り分け」やりましたよね。

あれだって、そこを削ったらダメでしょ!!ということろ。ざっくいりと躊躇なく削りました。その割にばら撒きは自民党と同じくバンバンやり放題。消費増税だって元は彼らが言い出しっぺですから。

この価値観の偏りには本当に驚かされた。


税金は「選択して集中する」つまり、大事なところにお金を使うというのがセオリーでしょよ。んなもん国家も家庭も同じだわ。


あっちにも

こっちにも

税金をばら撒いてはいけないんです。

ばら撒くから増税しなければならなくなる。


その大事なところを見極めて判断するのは「価値観」です。

この「価値観」が大きくズレていると・・・・

このゴミ屋敷の主人と同じようなことになるわけです。

再度いいますが、この経済観念はアスペルガーの特徴とはおそらく無関係。

裕福な方の特徴といえるでしょう。

そこにアスペルガーの特徴といわれる“こだわり”が乗っかってしまったのが最悪を生んだ。


個人ならいいですよ。

・・まぁただ年金に関しては、それはあなたが産み出したお金ではありませんといいたいところですけど。


政府が預かっている税金というのは全部が全部人のお金ですから。

それをこのゴミ屋敷の主人と同じような裕福なお坊ちゃんお嬢ちゃん的経済観念でしか図られず、しかもアスペルガー・・こだわって反省ができないというのが、日本の現状なんですわ。

困りましたね。


既成の政治家とは関係ない外部の人が入ってくれればなぁ・・・と常々思いますが、日本人は既成政治家を「プロ」と称して、完全に信頼し切っている。

その経済観念が無茶苦茶であっても、平気で自分の税金を任せる。

国民自体が異常になってしまったのか・・・


というか選挙も、新しい立候補者が当選しないように、公職選挙法で規制されてしまっているし、テレビでもいつもの顔ぶれしか報道しない。

誰がどんな政策を掲げて立候補しているのかまったくわからないんですよね。

これじゃいつまでたっても投票率上がらないですよ。私だっていつも嫌になりますもん。誰が何を言っているのかテレビ新聞だけじゃわからないんですから。

テレビだけ見てたんじゃ選挙がまるでスポーツ並みですから、あっちが勝つかこっちが勝つか、それに参戦できるとしか選挙が見られていない。あるいはAKBの総選挙と同じです。そう単に人気投票。

 

テレビやSNSで誰かが言い出したことを、何の疑問もなく受け入れる。

そう国民はある種のプロパガンダに引っかかってしまっているのかもしれません。

  

『事件』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 所沢の「飛び降りろ」発言教... | トップ | タクシーでイライラしたことは? »
最近の画像もっと見る