気まぐれ五線紙 Entertainment

 韓国エンターテインメントブログ

チョン・ジユンのソロ「私はやる」、いい!

2016年11月02日 | Female■



ほんの少し遅くなったが전지윤:チョン・ジユンが「낮 and 밤:昼と夜」をリリースした。

       전지윤 「낮 and 밤」  (MelOn)


      


「내가 해」を「私はやる」と訳してみたが(一応、歌詞もチェックして)、果たしてそれでいいのかは自信が無い。
この曲、ミュージックビデオの仕上がりも含め、いいと思う。
初めて聴いた時は、途中で曲調を変えるのかと思ったのだが、そのままミディアムテンポを通している。
途中、アップテンポで激しく変えた方が大衆受けする(つまりヒットしやすい)と思うが、私はこの方が好きだ。
ただ、出だしが少しもの足りなく感じるが。

       「내가 해」  (YouTube)
       「내가 해」 Music Video  (YouTube)


もう1つの曲「자석:磁石」もいい曲だ(訳は磁石でいいようだ)。

       「자석」  (YouTube)


      


「내가 해」はチユンが作詞・作曲している。
そして、다비:タビ(최규완:チェ・ギュワン)という、まだ若そうな人が作曲(共作)・編曲をしている。

「자석」もチユンの作詞・作曲によるもので、올티(Olltii)がラップフィーチャリングされている。
(なお、作曲は조용민:チョ・ヨンミンとGroove Tongueと3人の共作で、編曲がその2人によるもののようだ)

「내가 해」は、「私は太陽、あなたの傍でいつも照らしてあげる」という意味と、「哀しくて辛いことは私がするからあなたは幸せなことだけして」という意味のようである。

「자석」は、「恋人同士が磁石のように引き付けられ合う」ことを歌っているようだ。


      
      


まだ、ショーケースとか、放送での活動の予定などのニュース記事は上がっていない。


      
      
      

      
      
      
      
      
      



ジャンル:
ウェブログ
Comments (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NC.A、ついにバラードで勝負 | TOP | シンビ(GFriend)もダウン!! »
最近の画像もっと見る

6 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
チョン・ジユン良いですね (kiyo)
2016-11-03 02:10:11
チョン・ジユンは少し気が強そうな娘ではありますが、昔から何か好きでした。choongwheeさんが前にご指摘されたように、もったいないことですが、韓国では歌手でずっと食べていくのは難しく、女優の道に進まざるをえないのが現実ですね。歌手の道を選んだチョン・ジユンには是非とも頑張ってほしいです。期待していたソロデビュー曲ですが、なかなか良い曲ですね。今後の活躍を願っています。
やはり、美人ですね (ackey)
2016-11-03 09:54:32
おはようございますa

choongwheeさんに同意します。問題は市場にかかっていると思います。

4Minute時代のジユンとガユン、技量もあるし聴かせるだけの上手さも持ち合わせていたと思うのですが、この2人、グループ内では2人1組、セットで使うことでより価値が生じる人材と見ていました。

ジユンは肉厚でがっしりとした骨格の中域を軸に安定感のある中低域、ガユンは中域から上方向に伸びるきれいで輪郭のはっきりした声、それが魅力でしたが、逆にジユンはハイエンドが頭打ち(少し音程が上がるとすぐにファルセット領域に入ってしまう。ハ調のドから1オクターブ上がるともう厳しい)、ガユンは線の細さ(芯はあるのですが)が気になっていました。

ガユンは俳優業への転向ということですので、メンバー中ではジユンのみがシンガーとして残ったようですが、いちばん気になっていたのは、どんな曲になるのか(カテゴリーは当然ですが、それよりも音域の設定)でした。聴いてみたら、やはりジユンの帯域を考慮した曲作りとして聴けました。それでも、何カ所か2~3度(回数ではなく音程)きびしい個所はあったと思いますが、そんなことではなく、ライブで聴いてみたいと思わされました。雰囲気のある歌い方をすると思うんです、この子の能力なら。

これから先、寿命を迎えたアイドルグループから、それなりの実力を自負するシンガーがソロを目指すと思いますが、choongwheeさんの見解にもありましたように、受け皿となる市場がすぼまっているので、生き残るというより芽を出すこと自体が難しいのでしょうね。果たして早い者勝ちなのか、これも気になるところです。

現在までの流れでは、圧倒的優位に立っているのが少女時代テヨンかな、と痛感しているところです。現役ガールズグループにして不動の王座、その看板の力は強力無比。そしてそこで歌唱力抜群と評されるメインボーカルがソロ活動に進出。売れないワケがない。少女時代、偉大なり、です。パダ(はそれなりに売れているのでしょうか)やDiaに魅入られている者としては、うらやましい限りです。

それよりも、ジユンがこのタイミングでソロ活動を始めたことの意味や影響力を考えてしまいました。グループに属しながらソロ活動は、ここ2年ぐらいの目立つ傾向かと思います。口火となったWonder Girlsイェウン(HA:TFELT)でしょうか。セラがNine Musesを抜けた直後のことで、セラもこの路線を目指すのかなと思っていましたが、デビューのタイミングを逸したのでしょうか。T-ARAウンジョン(Elsie)やヒョミンの結果はどうだったのか、気になるところです。ジユン、「早い者勝ち」という意識がどこかにあったように思えてなりません。

しかし、ジユンに女の子らしい格好をされるとドキッとします。実は、見たくもあり恐れて(?)いたことでもあり、怖い物見たさの心境でした。いえ、否定的な意味ではなく全面肯定の立場です。ジユン、よく見なくても目鼻立ちの整った美人顔、ジヒョンと並べても遜色なし。今までが今までだったたけに、改めてこんな格好をされると、どぎまぎしてまともに見られない、そんな照れ臭さのような思いがあります(笑)。いや~、世の中、半分が女性でよかった。
kiyoさん/思っていた以上 (choongwhee)
2016-11-03 10:25:57
 
「昔から何か好きでした」
私の場合の4Minuteは、やはりヒョナから入ってカユン、そしてVolume Up前後からチユンに注目、で最近はソヒョンに期待で... 、終わってしまいした。
なもので、チユンはデビュー当初は「好き」という感じではなかったですが、彼女、彼女の歌に対する情熱は一番だったようですね。

「なかなか良い曲ですね」、ですよね。
「내가 해(ネガヘ):私がやる」、このメロディの流れを彼女が考えた出したとすると、なかなかだと思います。
ただ、記事にも書きましたが、曲の最初の歌い始めの数小節のフレーズをもう少し派手に作った方が大衆受けして良かったと思うのですが... 。

また、歌い方の細かい好みですが「磁石」で、
「nobody body」前「멍하니 서로가 멈춰서(モガミソロガモムチュオソ):呆然とお互いが立ち止まって」のフレーズの最後、声を裏返さない方が(私は)好きですが... 。
(記事のファイルでは1分1秒と2分3秒のところです)

しかし、どちらのソロ、初リリース曲も、私の予想と違った曲で、なかなかいい曲ではないかと。
また、ミュージックビデオ、彼女自身がかなりよく撮れていて、最後に行くほど可愛くて、最後は最高(笑)。
もしかすると、結構、いい線まで行くかも(?)。
彼女の活動はファンミから始めるようですね(エムカなどの記事情報はいまのとこと無いようです)。


ackeyさん/たしかに可愛い (choongwhee)
2016-11-03 11:01:50
 
私は、いままでチユンのことをあまり「美人」とは思ったことはなくて... 。
でも、このミュージックビデオ、メチャ可愛い(笑)。

「2人1組、セットで使うことでより価値が生じる人材と見ていました」、まったくの同意。
なので、「Volume Up」で、これで行ける、と思ったのですが。
(やはり、それでは、事務所的に、ヒョナがまずかったのか(?))

「ジユンはハイエンドが頭打ち(少し音程が上がるとすぐにファルセット領域に入ってしまう」、そうなんですよ。
じつは、ここに、チユンの魅力が半減した(足を引っ張る部分が有った)のですが、今回、そこを巧くカバーした(隠した(?))曲になっているような、...だから(おっしゃるように)、こういう曲調にしたのでしょう(?)。

「ライブで聴いてみたい」ですね、まさに。
5日にフォレスタ狎鴎亭店でファンミのようで(時刻不明)、遅くとも6日にはYouTubeに上がるでしょう。

「受け皿となる市場がすぼまっている」というか、種類(ジャンル)の許容範囲が狭くなっているような。
(まあ、人口が少ないので仕方ないことなのですが)

「圧倒的優位に立っているのが少女時代テヨン」でしょうね。(ヒョリンもいるし、競争的には無理)
ちょっとタイミングを間違った、というか間に合わなかったのかな(?)。
やはり、早めに10月で終わって落ち着かせるべきだったので、これも事務所の力不足でしょう(?)。

セラは、もう、埋もれる気配濃厚ですね。
やはり、在籍中にソロの土台を築くべきでしたが、事務所とうまくいかず(たぶん)、だから、出たのかな(?)。
(まったくの憶測ですが)

「実は、見たくもあり恐れて(?)いたことでもあり」(笑)、分かります。
たしかに、私も、なんだか、彼女にアイドル的見方も、今回芽生えてきました(笑)。
(しかし、これ、技術の成果の可能性もあるので、ファンミでどう変わったかチェックしましょう(笑))


Unknown (ackey)
2016-11-03 12:19:29
11月5日にファンミですか。いつもながら、情報収集力にも脱帽です。待ちます!(笑)

Volume Up、「たかが」ガールズグループで、ここまでスケールの大きな曲をこなせるのか、と度胆を抜かれたことを昨日のことのように覚えています。たしか、SISTARのAloneとやり合ったような記憶が。やっぱりキーパーソンはヒョナなんでしょうか。

少し前、グループ構成とメンバーの扱いで、ちょっと気になる例がありました。ヒョナがらみというわけではないですが、choongwheeさん、すでにお聴きでしょうか。

https://www.youtube.com/watch?v=8Isae-lwC5I

メンバーの写真が、それぞれ担当のパートになるとONになるという見せ方ですが、スタジオ録音ながら、あからさまに実力差が生じています。choongwfeeさんなので歯に衣着せず申し上げますが、このやり方、ストレート過ぎると思いませんか? 幸い、私はチョアのファンなので(こんな言い方でいいんですかね、笑)、気持ちよく見られますが、動画で見せるのとは異なり音が主体となるので、一聴瞭然、聴き比べそのものと受け取りました。

まずは、ファンミの内容が楽しみです。ライブといえば、私事恐縮、SPICAの日本show caseチケットが事前抽選会でとれてしまいました。(残念なことに、たぶん、人気がないのだと思います) 歌はもちろんですが、生でパク・ナレが見られる!!!  舞い上がっています。

ackeyさん/これから1か月、楽しみですね (choongwhee)
2016-11-03 17:23:42
 
「情報収集力にも脱帽」って、大袈裟過ぎ。
전지윤:チョン・ジユンで検索すれば、いっぱい書いてます(笑)。
http://search.daum.net/nate?w=news&nil_search=btn&DA=NTB&enc=utf8&cluster=y&cluster_page=1&q=%EC%A0%84%EC%A7%80%EC%9C%A4

「Volume Up」、このツートップな感じが好きでしたが... 。

ヒョナね、Wonder Girlsを抜けた時は、いまの彼女はまったく想像できませんでしたね。
(この頃を思い出すと、なんか懐かしくさえ感じます - 時間が経ったのですね)

「すでにお聴きでしょうか」、いえ、krystalizedさんのチャンネルは初めて見ました。
「このやり方、ストレート過ぎると思いませんか?」、krystalizedさん、とくにそういうことを意識して作っているのではないのでは(?)。
チョアが頭一つ出ている、というだけでは(?)。
これって、どのグループでも一般的では、というか、そういう風にグループは作られていると思いますが。
(ヨジャチングであれば、ユジュが抜きん出ていますよね)
「動画で見せるのとは異なり」、ええ、人間は、聴覚より視覚を優先する動物のようですね。
あまり、「ちょっと気に」しなくてもいいような(?)。
そもそも、アイドルですから、歌の上手さだけを求める訳でもないわけで。
(ヨジャチングであれば、ほとんど全員、差無く好きで、歌の良さもそれぞれに有ると思っていますが)

SPICAのショーケース、12月4日原宿アストロホールという処で行われるようですね。
事前抽選会というのが有ったのですか。
「人気がない」ということは無いと思いますが、まあ、倍率は低かったかも(?)。
私の知っている限りのSHIBUYA-AXと比べても、かなり小さいようで、その分間近で観られそうですね。
なので、「生でパク・ナレが見られる」とか、大変楽しみですね。
また、どうだったかをお教えください。


post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。