タイと語学と日々の暮らし-言葉の力 บล็อกที่ฮิโรมิ

学生ビザを取得してバンコクで1年半暮らし、現在は日本在住。
語学、情報、経験、日々の出来事や感じた事などを発信します。

タイ語の上達が恩返し

2015-10-19 | 語学への思いアレコレ Language
わからない事があってタイ語スクールの時のノートを見返していたら、
補習をしてくれた先生の字がノートにたくさん書いてあって、改めて感動していました。

この先生は英語の出来ない私を、授業後の自分の休憩時間に日本語で補習してくれていたのです。
もちろん無償です。

そして今、見返すと恥ずかしい位の質問もしていました。
本当によく根気強く、教えてくれたものです

今でも胸にあるのは恩返しに、タイ語が上手くなりたいと言う思いです

先日、書類のタイ語から日本語訳を頼まれ、先生に確認してもらいました。
その時に先生が こんな事が出来る様になって感激、自慢だと返事をくれました。

私は先生に少しは恩返しが出来たのかな?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とてもわかりやすい、日常生活ですぐ使えるタイ語テキスト

2015-10-03 | 語学への思いアレコレ Language
私がタイ語を教わった先生が、自分の学校のタイ語の教科書を作り(書き)ました。

タイでの日常生活でよくある事や様々な出来事を、アメリカ人男性と日本人女性を主人公として
マンガ等を使って、わかり易く書いてあります。

例えば、
 サイアムパラゴンの中にあるスターバックスに行きたい時にレセプションでそれを訊ねる時
 セブンイレブンで公共料金の支払いをする時
 タクシーに乗り降りする時

それぞれ受付の人、店員、運転手達と会話をしますよね。

セブンイレブンではお弁当を温めるか聞かれたり、タクシーではメーターを使ってと言ったり
日常生活でよくあるシチュエーションでの会話がたくさん盛り込まれています。

その他にも美容室へ行った時、屋台で果物を買う時、クウィティアオを頼む時、服や靴を買う時
よく使うタイ語や便利な言葉もたくさん出て来て、タイでの生活に役立つとても良い教科書です。


教科書には英語と日本語の説明や訳もあり、その日本語校正を少ーしだけお手伝いしました。
先生は日本語も堪能なので、私が手伝う事もわずかでしたが、お手伝いが出来たのは光栄です。

この先生こそ、私が英語でタイ語を教える学校で困っていた時に助けてくれた先生なのです。

2年半前にはタイ語が全くわからず、タイ文字は見るだけで吐き気がしました(笑)
これが文字なのか?こんなもの読み書き出来る様になんてなるのか?

しかし根気強く優しく、ずっと助けて頂いたお陰で、校正のお手伝いも出来る様になるなんて
2年半前には思いもしなかった事です。

たくさんの生徒達が先生の教科書を使って、楽しくタイ語を学び、タイ語を話す。
かつての私が助けられた様に、この本が誰かの助けになる事、私はそれを願います。

そして、そのお手伝いをほんの少しでも出来たのならば、私は嬉しいなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加