タイと語学と日々の暮らし-言葉の力 บล็อกที่ฮิโรมิ

学生ビザを取得してバンコクで1年半暮らし、現在は日本在住。
語学、情報、経験、日々の出来事や感じた事などを発信します。

タイ1ヶ月滞在でのあれこれ 21日目

2017-05-12 | 日々のくらし

イサーン地方へ旅行に行ってました。
バンコクの家に戻って来たら、あっと言う間にタイ滞在残り1週間ちょっと。
焦るわぁ。やりたい事、食べたい物、会いたい人・・・やり残して悔いの残らないように。
そう思うと、ついつい疲れていても、誰かに会ったり、出かけたりしてしまう。

生き急いでいるみたいね(笑)

さて今日はまた、タイ語学校の時の先生と会いました。
タイ語学校では担当の教師が決まっているというシステムでなかった為、
自分の行きたいレッスン時間の時に、どの先生が来るのかわかりませんでした。

自分がいいなと思った先生には、いつ教えているのかを聞いて
その先生のいる時間のレッスンを受ける様にしていました。

でも自分の行ける時間に、その先生が受け持たない時は他の教師になります。
私の場合、メインの先生は決めていたけど、その他の時間は違う先生のレッスンでした。

私の恩師でもある先生の他に、何人か優しくしてくれて気にかけてくれた先生達もいて
その先生達とは今でも交流があります。

今日会ったのはその内の1人の先生です。
何回か食事をした事もあって、今日は2年振りに会いました。

前回の食事の際は妹さんも来たのですが、この妹さんパイロットでした!
その時は妊娠中でお腹が大きかったのです。

待合わせ場所のセントラルワールドに行くと「妹も来る」との事。
やったー嬉しいと思っていたら・・・
「私のお父さん、私のお母さん」とすぐそばにいる人を紹介し始めて・・・
まさかのファミリーの中で私~!(笑)

タイでは2人で会う予定が、友人や家族を連れて来る事も多いので構わないのだけど
ちょっと緊張・・・ご両親は私より年上だしね。

でも先生が言うに、両親はみんなでご飯を食べるのが好きで
ホームステイで日本人や色々な国の人を受け入れていたんだって。

妹さんもお子さんが2歳になっていて、その子はすっかり大きくなっていてビックリ。

こんな風に家族の中で外食をするのは初めてだったかも・・・
みんな早口で何を言っているかわからなかったけど、家族仲良くって楽しい雰囲気で
その中にいる事が出来て良かった。

ご両親はチュンポンとバンコクに家があって、チュンポンに遊びにいらっしゃいと言ってくれた。
海でシュノーケリングも楽しめるって。いつか行けたらいいなぁ。

タイ語学校の時は本当に辛くて大変な思いもしたけど
いい出会いがあり、こうやってまた会える事に感謝です。

 

 

『海外』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 20.25バーツショップ | トップ | 野菜が市場並みに安く買える... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日々のくらし」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL