タイと語学と日々の暮らし-言葉の力 บล็อกที่ฮิโรมิ

学生ビザを取得してバンコクで1年半暮らし、現在は日本在住。
語学、情報、経験、日々の出来事や感じた事などを発信します。

Grab Taxi を初めて使ってみた

2017-05-20 | タイ お役立ち情報

快適。ノーストレス!!

バンコクの家から空港へ向かう時、いつも流しのタクシーを使っていました。
家はスクンビット通りからすぐの場所だったので、すぐタクシーが拾えたんです。

でも、いざ乗ると・・・・

最初はメーターを使うと言ってたのに、しばらく走った後に
〇〇バーツだ、と言われたり、
道が混んでる、普通空港まで普通は〇〇バーツだ、と言われたり。

それはそれは、タクシーの運転手さんとの心理戦が始まるんです。(笑)

入国した時には、時間もあるからこちらも余裕があります。
でもこれから出国の時は、フライトに間に合わないと大変です。

空港へ向かう途中のこんな辺鄙そうな所で、タクシーを降ろされたらどうしよう・・・
何言ってるのっ!?(怒)怒るのもいいかも・・・でもタクシーの運転手って拳銃を持ってるんだよね???

走馬灯の様に様々な思いが巡ります。

とにかく、フライトに間に合うのが一番重要。

そこで、運転手さんと価格交渉したり、降車のメーターの料金にチップを多めにあげたり。
普通にメーターで行ってくれる運転手さんもいるけど、そこは運。ここはタイ。
タクシーの料金は安いから、拳銃を突きつけられて死ぬ思いをするよりいいじゃん。

そんな心理戦があった時にはグッタリ(笑)

で、今回はGrab  Taxi (配車アプリ)を初めて使ってみました。
アプリはずっと前にインストールしてあったけど、使うのは初めて。ドキドキ(笑)

使い方は簡単です。

自分の今いる場所と行きたい場所を入力すると、行く事が可能な運転手のナンバーと顔写真が表示されます。
私の場合はすぐに運転手から電話が来て、家の場所等を言いました。

Grab  Taxiのアプリには、タクシーが今どこにいて到着までの時間も表示されます。
ゲームの様で、タクシーが近づいて来るのを見るのも楽しいです。
また車種やナンバーも出るので、タクシーが来た時にもわかりやすいです。
到着地までのおよその料金も出るので、安心です。

携帯のアプリを見ながら、今ここを走っている、今、右折したなんて楽しみながら
コンドミニアムの玄関で待ちました。

そして到着。行き先を言わなくてもOKです。
運転手さんが行き先を確認します。

今迄、スーツケースを持って通りに出たり、タクシーが来るか、乗車拒否されないか・・・
今の時期、スコールも多く、雨だとタクシーも捕まりにくい上、通りに出るのも一苦労。
到着地までもメーター+手数料25バーツ オンリー!

不安や不満は全て解消、明朗会計です!!!!

信号待ちで運転手さんが、売り子さんから花を買って古いものと変えていました。
新しい花に変えた時に、拝んでいました。

空港到着。
209バーツでした。これに25バーツを足して、240バーツを渡しました。

数十分後、料金の明細のメールも届きました。

精神面では非常に安心で乗車しました。
なんで今迄使わなかったんだろう?これからはGrab  Taxiにしよう!

『海外』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タイ1ヶ月滞在でのあれこれ 2... | トップ | タイ人との待合わせ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL