ぼくは「そら」キジトラのそら。

キジトラのそらです。男の子です。二人暮らしの中年夫婦にもらわれて、いちおう部屋ももらって毎日きままに生きています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日蔭者の螻蛄まるし野の月桂樹(中村草田男)

2017-06-10 | 日記



おはようございます。
快晴の土曜日の朝、皆様いかがおすごしでしょうか?
梅雨入りしたそうなのですが、長雨はまだまだ先のことになりそうですね。

開け放した窓から、草刈り機のぶーんという音に混じって、ディーゼル機関車が駅を出ていく音が聞こえてきます。

この季節、たくさんの雑草が育ってくるので家の周りや畑の周りの雑草を刈っているのでしょう。

我が家の庭は山砂を入れてまだ数か月しか経っていないので、ぼちぼち小さな雑草が顔をだしてきている程度です。草刈り機で刈るほどではありません。
でも今のうちに根を絶っておきたくて、うちのやつ一号は毎朝庭を手入れしてくれています。ありがとうね。



そして家猫は相変わらず一階と二階を行ったり来たりの毎日です。一番の安住の地はベッドの下ですね。
暗くて涼しくて静かです。



そして、神様の下で毛繕いをするのです。


『猫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 薄暑芭蕉の詩筆千行万行や(... | トップ | 舟虫とよばるゝさへや身のお... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事