館長のひとり言

「貯金箱」の博物館 にしざわ貯金箱かん

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(戦前の風俗人形貯金箱)

2017-09-03 07:57:05 | 日記

 朝方、かなり寒さを感じました。今は陽が射し、良い天気になりそうです。

 さて、正座して本を読んでいるらしい若い女性の貯金箱を収蔵しました。

 上の写真、戦前の風俗人形貯金箱、陶器製、高さ13センチです。

 経年の為、割れ目もあり、色落ちも厳しいものです。でも、風俗が分かり、顔がほぼ完全で、美人顔なのが良く分かります。当時の様子が伺えます。

 お金の出し口はありません。

 こちらもご覧ください。

 開催中の企画展「伝統的な貯金箱展」の展示品からの紹介です。大黒貯金箱、陶器製、高さ14センチです。お金の出し口無く、大正以前のものでしょう。中にお金が入ったままです。経年のもので、全体にくすんでいるものの、欠けや色落ちも少なく良い感じの美品です。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« にしざわ貯金箱かん つれづ... | トップ | にしざわ貯金箱かん つれづ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。