館長のひとり言

「貯金箱」の博物館 にしざわ貯金箱かん

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(七福神揃いの貯金箱)

2017-09-06 07:45:49 | 日記

 ナツメの鈴なりを見つけました。子供の時、確か色が紫色になり熟したものを食べた思い出があります。硬くてコリコリとした食感だった気がします。戦後間もなく、当時は桑の実から始まっていろいろと食べました。今では懐かしい思い出です。

生薬としても用いられるナツメ

 さて、昭和時代のものの様ですが、個性的な顔の七福神が揃った大きな貯金箱を収蔵しました。

 上の写真、七福神揃いの貯金箱、ブリキ製、高さ25センチ、横幅35センチ、奥行き18センチです。

 布袋を中心に、皆良い笑顔で揃い踏みです。う~ん、毘沙門天は渋面?

 経年のもの、保存・管理も行き届かなかった様で、劣化が目立ちます。でも、七福神の一人一人の顔は良く分かり魅力的です。これなどは珍しく、貴重です。

 お金は布袋の口から入れ、出し口は底裏にあり、紙で封をするようになっています。

 こちらもご覧ください。

 

 開催中の企画展「伝統的な貯金箱展」の展示品からの紹介です。壁掛けの大きな恵比寿の顔貯金箱です。陶器製、高さ17センチ、横幅22センチ、奥行き8.5センチです。詳しくはこちら。

 http://blog.goo.ne.jp/chokinbakokan/d/20160821  

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« にしざわ貯金箱かん つれづ... | トップ | にしざわ貯金箱かん つれづ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。