館長のひとり言

「貯金箱」の博物館 にしざわ貯金箱かん

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(ユニークな貯金箱)

2017-10-11 07:34:55 | 日記

 日が短くなってきました。午後6時を過ぎれば、ほぼ暗くなります。この時期は寒さも日増しに増します。何となく心細さを感じる時期です。

 午後5時半頃、大正橋から戸倉上山田温泉を望む。ぽちぽちと灯りがともり始めています。これからは暖かい温泉と熱燗のお酒で「のんびり」が楽しみです。

 さて、白銅製の貯金箱らしからぬ個性的な貯金箱を収蔵しました。

 上の写真、ユニークなブタの貯金箱、白銅製、高さ2.1センチ、横幅1.9センチ、奥行き12センチです。

 上の写真の様にして、50円玉を最大44枚を貯められます。貯金箱というより縁起物の飾り物と言ったところでしょうか。

 富山県高岡市の伝統産業である「鋳物」の技術により制作されたそうです。

 こちらもご覧ください。

 開催中の企画展「伝統的な貯金箱展」の展示品からの紹介です。浦島太郎の土人形貯金箱です。高さ24センチある大きなものです。経年のものですが、なかなかの美品です。詳しくはこちら。http://blog.goo.ne.jp/chokinbakokan/d/20131119

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« にしざわ貯金箱かん つれづ... | トップ | にしざわ貯金箱かん つれづ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。