館長のひとり言

「貯金箱」の博物館 にしざわ貯金箱かん

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(里山の紅葉)

2016-11-07 09:16:13 | 日記

 今日は朝から良い天気です。昨日はと言うと、うす曇りで北風の強い風、どちらかと言うと突風に近い風がほぼ一日吹き荒れていました。北風は寒さを伴い、一段と冬に近づきました。とうとう炬燵も入りました。これからは冬にまっしぐら、寒さとの戦いになります。

 信州は四季がはっきりしています。暑い暑い夏に耐え切れなくなると涼しい秋が来ます。そして寒い寒い冬、何とか寒さを凌いでいると暖かな春になります。そしてそれぞれの季節には諸々の楽しみや癒しがあります。一年を飽きなく楽しんで過ごせます。

 こんな信州の里山の今をご紹介します。紅葉の本番、晩秋はもう少し先の様です。

 住宅の背景の山、未だ未だ緑の勝る中に、微妙に彩が見えてきています。

 沢の淵の木々、何とも言えない多色の色に覆われています。

 知識寺の紅葉、次第に濃さを増し、広がっています。

 林檎の「ふじ」の鈴なり。葉を落とし色づきを良くしています。そろそろ出荷時期です。毎朝、地元産の数種類の林檎を日替わりに食べますが、それぞれ特徴があり飽きません。本当に美味しいと思います。保存も効き、冬期間はずーと食します。

 こちらもご覧ください。

 開催中の企画展「今年も楽しくクリスマス貯金箱展」の展示品からの紹介です。戦前からのキャラクター、サンタ姿の「のらくろ」です。身長25センチ、大きめで、ニコニコ愛嬌を振りまいています。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« にしざわ貯金箱かん つれづ... | トップ | にしざわ貯金箱かん つれづ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。