館長のひとり言

「貯金箱」の博物館 にしざわ貯金箱かん

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(ペリカンの貯金箱)

2017-10-09 09:17:17 | 日記

 昨日は良い天気でした。今日も朝からサンサンと陽が射す暖かな良い陽気です。体育の日の連休最終日、行楽日和です。

 昨日は戸倉上山田温泉の近郷、里山に秋の探索をしました。写真で紹介します。

 丘陵地にある稲刈りの終わった水田、その向こうにリンゴ畑が広がり、更には山林に繫がります。眼下には温泉街が一望です。遠く延々と山並みが連なります。

 リンゴの秋映です。深紅で遠くからは黒く見えるほどです。最早収穫は終わっています。手前は小さな木に重く垂れさがり興味を惹きます。遠くのものは残り物です。

 信濃ゴールドです。もちが良く美味しいです。間もなく収穫も終わりです。成熟すると、大きく濃い黄色になり見栄えがします。

 リンゴの王様、フジです。すっかり大きく鮮やかに色づいてきました。成熟には今一歩、今月下旬辺りから収穫、賑やかに林檎狩りも始まります。

 里山から近郷に、住宅地に点在する水田、稲刈りが真っ最中、終わった水田には「はぜかけ」が見られます。今では珍しくなっている「はぜかけ」、良く乾燥されて美味しいお米になります。

 さて、嘴に特徴のあるペリカンの貯金箱を収蔵しました。

 上の写真、ペリカンの貯金箱、陶器製、高さ12センチです。

 形が面白く楽しめます。小さなものですが、後ろのお金の入れ口からも、前の嘴からもお金が入れられ、それなりに利用価値が高そうです。手元に置いて楽しめそうです。

 こちらもご覧ください。

 開催中の企画展「伝統的な貯金箱展」の展示品からの紹介です。土人形の山姥金時の貯金箱です。高さ20センチの大き目のもの、状態の良いものです。これが貯金箱です。ええ! 貯金箱とはどんな存在だつたのでしょう。奥が深い。こちらもどうぞ。http://blog.goo.ne.jp/chokinbakokan/d/20140616

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« にしざわ貯金箱かん つれづ... | トップ | にしざわ貯金箱かん つれづ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。