館長のひとり言

「貯金箱」の博物館 にしざわ貯金箱かん

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(森永ラムネ容器型の貯金箱)

2017-02-09 13:19:45 | 日記

 1973 年(昭和48年)に新発売された、森永のラムネ(錠剤の形をした、固体の菓子)の容器型をした貯金箱を収蔵しました。

 

 上の写真、森永ラムネの容器型貯金箱、プラスチック製、高さ15.5センチです。

 プラスチック製の軽い作り、景品なんでしょうか、それとも賞味後の後利用?でしょうか。分かりません。

 お金の入れ口は上の蓋にあり、お金を出す時は蓋を取ります。シンプルなものですが、コイン保管として便利良く使えそうです。

 一見、ラムネの清涼飲料水の瓶に似ているし、ラムネのネーミングから何か関係があるのでしょうか。何かと分からない貯金箱です。

 ラムネは、明治初年から販売された清涼飲料水、日本で広く愛飲されていました。

 こちらもご覧ください。

 開催中の企画展「新年のスタート 干支の貯金箱展」の展示品からの紹介です。干支の午の貯金箱です。何とも嬉し気な、珍しい午の満面笑顔の貯金箱です。こんな嬉しくて仕方がない一年を過ごしたいものです。それには傍近く置いて毎日眺めることかな。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« にしざわ貯金箱かん つれづ... | トップ | にしざわ貯金箱かん つれづ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。