館長のひとり言

「貯金箱」の博物館 にしざわ貯金箱かん

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(ぼよよん貯金箱)

2016-10-16 07:56:06 | 日記

 ぼよよん(弾力のある物体が軽やかに弾む擬態語)の言葉通り、長くバネが伸び縮みし、何とも長閑に楽しめる貯金箱を収蔵しました。

 上の写真、ぼよよん貯金箱、陶器製、高さ15センチ、横幅8センチ、奥行き7センチ、バネの伸び縮み20~100センチです。

 昭和時代には、この種の貯金箱が幾つか見られます。

 この貯金箱、柔らかみのある布が貼られいて、顔が癒し系、手足の作りが単純化され、「ぼよよん」の雰囲気が良く出ています。

 貯金箱としての機能もしっかり有り、吊るして飾るもよし、置いて貯金箱として活用するもよし、なかなかの珍品です。

 こちらもご覧ください。

 開催中の企画展「驚き楽しむ、変わり種?面白?貯金箱展」の展示品からの紹介です。後ろ、セクシーレッグ(脚)バンク、前、ボディ(人台)バンクです。極めて大きな意外性の貯金箱です。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« にしざわ貯金箱かん つれづ... | トップ | にしざわ貯金箱かん つれづ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。