館長のひとり言

「貯金箱」の博物館 にしざわ貯金箱かん

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(金色の打ち出の小槌貯金箱)

2017-04-04 07:47:28 | 日記

 4月に入っても寒さが続いています。昨日は午後から曇りだし、小雨が降り始めました。かなり寒く、名所、森のあんずもなかなか開花には至らぬ様です。横浜からの来館の方も期待しての信州旅行とのことですが残念そうでした。

 今日は朝から陽が射し、一日中良い天気で、気温も13度は超えるそうです。あんずの花も開花に向かって大きく進みそうです。

 さて、北海道相互銀行(現:北洋銀行)が高額預金者向けに提供したという、小型ながら見栄えのする凝った貯金箱を収蔵しました。

 上の写真、小槌貯金箱、金属製、高さ8センチ、横幅7センチ、奥行き10センチです。

 凝ったデザインです。お金の入れ口はネズミの蓋で隠されています。出し口は底にあり、鍵で蓋を開ける様になっています。

 小槌の手元には道相銀の、側面には銀行マークが表示されています。お金の出し口の蓋に製造元の刻印があり、札幌の老舗デパート、丸井今井製とのことです。

 この貯金箱は既に収蔵しているものですが、ネズミの蓋が無い欠陥品だったので改めて完品を収蔵しました。

 こちらもご覧ください。

 開催中の企画展「人気の動物貯金箱展」の展示品からの紹介です。ウサギの貯金箱です。陶器製の中ぐらいの大きさです。体全体に球形が描かれ、手に花、首に蝶ネクタイ?、帽子を被り、求愛する男性のウサギでしょうか。何とも不思議な感じですが、顔は真面目です。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« にしざわ貯金箱かん つれづ... | トップ | にしざわ貯金箱かん つれづ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。