館長のひとり言

「貯金箱」の博物館 にしざわ貯金箱かん

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(名古屋城の金鯱貯金箱)

2017-07-09 09:46:47 | 日記

 今朝は早朝からの道路清掃に参加しました。今週末の戸倉上山田温泉夏祭りの為の美化活動です。

 楽しい夏祭りの様子はこちらをご覧ください。http://chikuma-kanko.com/2017-07-06/post-1363/

 さて、「名古屋城再建記念 森永ミルクキャラメル」と表示された金色の鯱の貯金箱を収蔵しました。

 上の写真、名古屋城の金鯱貯金箱、陶器製、高さ11.2センチ、横幅6センチ、奥行き9.5センチです。

 名古屋城再建は1959年(昭和34年)でその時の記念貯金箱、森永製菓㈱が提供したものでしょう。小型のものながらしっかりとした作りで見栄えがします。お金の出し口はありません。中に小銭が一、二枚入ったままです。

名古屋城内にある金鯱のレプリカ?

 上と比較すれば、丸みを帯びて目玉が小さく、幾分可愛い感じの鯱です。

 こちらもご覧ください。

 開催中の企画展「伝統的な貯金箱展」の展示品からの紹介です。招き猫の貯金箱です。陶器製、高さ33センチ、重く丈夫に出来ています。経年のもので、シンプル、素朴な作りですが、顔の表情が個性的です。 

 

   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加