はさみで宇宙船

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

格下サッカー炸裂

2016-10-12 | スポーツ
 トラップはできるから本田でも唯一可能性があるのが2トップの一角。ただ組ませたのも香川でストライカーが中央にいないという謎采配。これでは原口が自らいくか、ファーに小林悠が入ってくるかしか選択がない。つまりオーストラリアのディフェンスラインが前に位置しているとき以外は可能性が低いということ。先制されたら終わりの布陣。ディフェンスに引かれたらどうしようもない。それでも幸運があり原口が先制点。あとは籠って守るだけ、でいいのに攻めてカウンターくらってPK与える。幸運があまりに早い時間に来たとはいえお粗末。

 そもそも今までオーストラリアにはディフェンスが前いかなくてもできる放り込みサッカーされて屈してきたのに今回の采配。身長差があるのにファー勝負。あーあ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本物エースのおかげです | トップ | 糸ぐちゃぐちゃ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。