孫文さんの“北京の隠れ部屋”ブログ編

孫文さん(私)が感じた,オモチャ箱をひっくり返したような中国生活のエキサイトな毎日のUPDATE情報です。

新座の地下変電所火災事故におもう

2016年10月13日 01時35分54秒 | 日本雑感 (日本の話題何でも)
10月12日、新座の地下変電所の火災事故で都心の一部地域が停電となった。
先日、都庁の展望台に行った際、同行した知人が眼下の某所を指差して「新宿のあそこに地下変電所がああって…」という講釈を聞いたばかり。
もし事故が起きた時のバックアップはどうなっているのという疑問も、当然他の同行者から出た。
そしてフムフムと納得したわけであるが、あれから1週間もたたない時に地下変電所の火災事故で都心が停電になってびっくり。
そして、私自身がもう1つ思ったのは、比較的短時間で停電箇所が復旧したということ。
つまり点電となった地域には別のルートから送電されたということであり、技術力のすごさも感じた。
瞬停程度の短期間で送電ルートが変更できればいいけど、正常時の送電ルート変更じゃないから、しょうがないでしょうね。

都庁の眼下に見える地下変電所はどのあたりかに関しては、ここでは伏せておきます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北京への旅 | トップ | ノンビリ土曜日 五人百姓~... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。