孫文さんの“北京の隠れ部屋”ブログ編

孫文さん(私)が感じた,オモチャ箱をひっくり返したような中国生活のエキサイトな毎日のUPDATE情報です。

北京への旅

2016年10月11日 01時34分50秒 | 日本雑感 (日本の話題何でも)
10月9日、国慶節の休みを終え北京に戻ってきた。
東京の自宅を出たのは十分に余裕がある時間だったので、日暮里からスカイライナーに乗らず、成田空港行きの特急に乗る。途中の駅で、アクセス特急の成田空港行きに乗り換える。


空港について、しばらく滑走路を眺めて時間を過ごす。


搭乗ゲートに向かう途中に写した夕焼けと機体


登場するB787です。
サムソンの新型携帯は機内で使用しないよう機内アナウンスが入る。
サムソンの解体は、対策したものからも事故が起きているのでリチウムバッテリーは怖いなぁ…


夕食です。 鮭がとても美味しかったです。


機内で映画をみました。まず見たのは、海難1890.
これは、日本とトルコの合作映画で、オスマン帝国(当時)の軍艦エルトゥールルが和歌山沖で台風で座礁沈没とその救助を描いたもの程度にしか思っていなかったが、後半は違った救助場面が展開され、各所で涙腺を刺激する場面のある映画だった。
この映画、ANAだから機内映画としたがJALはしないだろうなぁ。(その理由は秘密)




その後、スタートレックをみるが、半分見た程度で北京首都空港に着陸。 残念。


北京首都空港にあったウサギさんです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛人とランチ | トップ | 新座の地下変電所火災事故に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本雑感 (日本の話題何でも)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。