Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

先に生まれただけの僕 第7話  *感想*

2017-11-26 | 秋ドラマ(2017)感想
番組HP

ほのか(山田佳奈実)は、えっらい大人びた生徒だねぇ。
それに賢い。
自己主張することができ、
我が道を進もうとする強さもあるか。
こうと決めたら周囲の人の意見などには耳を貸さぬ頑固さもあるねぇ。


それに比べて、ほのかの同級生たちのなんと幼いことよ。
「私、ついていけない。」という友人の言葉はまだいいとして、
「だったら勉強するなよ!」って、、、、。

こういうのを見せられると、
学校教育って、大変なんだなぁと、改めて思うわぁ。
ほのかのような大人びた考え方を持つ生徒から、
「だったら勉強するなよ。」などというガキまで、、
一クラスに様々な生徒がいることを改めて知った気がするわ。

学力格差や、経済格差だけでなく、
精神的にもあれだけ大きな差があると、
教える側も大変だよねぇ。



今回のほのかの問題については、
教師がそこまで首を突っ込まんでも、、
親子間の問題なんじゃ、、
っつうか、
普通は、教師があそこまで突っ込めないだろうよ、、
などとも思ったのだが、

ほのかの母・真咲美(神野三鈴)が学校に協力を求めていたワケだしね、、
その協力要請に真摯に向き合おうとする、
鳴海(櫻井翔)やちひろ(蒼井優)の姿は、
観ていて気持ちのいいものはあったよ。



それにしても、、
今回もぶっちゃけてたよねぇ。

「私達が凄く悩んでいるのは、あなただから。三田さんだからよ。」

このちひろの言葉はインパクトがあって面白かったよ。


どのように生きていくか、、
どこに幸せを感じるか、、
価値観は人それぞれだしね、、
ああだ、こうだ、、と頭ごなしに指導できない難しさがあると思うのだけど、
可能性に満ち溢れた三田さんだから、、という言い方は、
ほのかに受け入れやすいように思ったわ。



「受験を応援してあげる方が、本人にも、お母様にも、ご自分にもメリットがあるんじゃないでしょうか。」

この成海の言葉も、成海らしくって、面白かった。
「メリット」などというワードを使ってくるのが成海っぽいよねぇ。
こちらも、この言い方は、貴弥(福士誠治)に受け入れやすいように思ったよ。



それにしても、、
あそこまで真剣に考えてもらえるなんて、
とても幸せなことよねぇ。

最後に見せたほのかの涙は、
大人たちが自分と真剣に向き合ってくれたことに対する涙のようにも感じられ、
このシーンも印象深いものがあったよ。


 チラリと共感していただけましたなら、ポチリとお願いいたします 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

先に生まれただけの僕 第1話  *感想*
先に生まれただけの僕 第2話  *感想*
先に生まれただけの僕 第3話  *感想*
先に生まれただけの僕 第4話  *感想*
先に生まれただけの僕 第5話  *感想*
先に生まれただけの僕 第6話  *感想*
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <ドラマ>コウノドリ 第7... | トップ | <ドラマ>アシガール 第9... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
♪でも何かが違う♪って (パインル)
2017-11-26 11:33:03
往年の名刑事ドラマ「夜明けの刑事」の
主題歌が頭の中をプレイバックし、

https://www.youtube.com/watch?v=l_WWcr6RUVk

途中までは、「おいおい、今回は学校改革そっちのけで、個人の生徒問題で終始しちゃうのかよ!」と

思ったりもしましたが、蒼井優vs.受け持ち生徒~高嶋弟が娘と西田尚美からダブルカウンター喰らっちゃう場面で

評価が変わり、グッと面白さ感じました。(高嶋弟≒加賀谷専務の“弱み”はここだったんですねぇ。西田尚美のダメ押しの乱暴な物言いもグッド!)

ネットにも書いてあったのですが、このドラマってラストの「寸止め感」がカタルシスなかなか得られないので視聴率が不安定なのだと思います。

どのドラマでも非一話完結型では次回につなぐことがカタルシスを得られるものなのですが、ちょっとこの作品はそれが逆になっているのなのではないかとしか思えないのです。

ただ、今回のメイン生徒・山田佳奈実さんと僕が好きな女優さんの一人神野美鈴さん(武井咲の女上司かつ松平健のパートナー役は良かったなぁ。)の母子ぶりは泣かせてくれましたし、いい回だったと思います。

)


※と、なかなか視聴率がよくないこの作品ですが、共感していただけている人もいるみたいなので、
嬉しくなりました。この記事、ご覧になっていただければ幸いです。

https://news.infoseek.co.jp/article/allabout_25355/

(またもすみません。よい回だったので、
感想が長々となってしまいました。)
バインル さま (Lee)
2017-11-27 07:59:18
コメントありがとうございます♪

カタルシス、、そんなに無いですかねぇ、、このドラマ。
私はあまり意識したことはなかったですが、
確かに、序盤の回は、雰囲気が悪いまま終わってしまった感じはありますねぇ。

加賀谷のパートは今回初めて面白いと感じることができました。
娘たちの思いがけない言動と、
妻の鋭いツッコミに、
息を荒げる加賀谷にはニヤリとしてしまいました。

コメントを投稿

秋ドラマ(2017)感想」カテゴリの最新記事