Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

東野圭吾ミステリーズ  第7話  *感想*

2012-08-23 | 夏ドラマ(2012) 感想
* 「白い凶器」 *

なんだか 「世にも奇妙な・・・」チックなお話ねぇ。
田宮(ユースケ・サンタマリア)が目撃した由希子(戸田恵梨香)の言動だとか
ラストに入れられた由紀子の様子は 少々やりすぎな気がしてしまって好きじゃないのよねぇ・・・。
(「世にも奇妙な・・」は好きだし 「世にも奇妙な・・」だったら抵抗なく受け入れられる演出なのだけど。)
それでも ストーリー全体に漂う緊張感だとか 
由紀子の背景が明らかになる中盤までのミステリアスな展開は楽しめたわねぇ。
犯人の動機については 中盤アタリからは予想できてしまうものの 
犯人が あのような考えに至ってしまう心境はとても理解できるし
あのように思うことで気持ちを楽にするしかなかった犯人の想いには切ないものがあったし・・。
イロイロと風刺が効いているアタリも面白かったなぁ。

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ランキングに参加中です。チラリと共感していただけましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

東野圭吾ミステリーズ  第1話 「さよならコーチ」*感想*
東野圭吾ミステリーズ  第2話 「犯人のいない殺人の夜」*感想*
東野圭吾ミステリーズ  第3話 「エンドレスナイト」*感想*
東野圭吾ミステリーズ  第4話 「レイコと玲子」*感想*
東野圭吾ミステリーズ  第5話 「甘いはずなのに」*感想*
東野圭吾ミステリーズ  第6話 「シャレードがいっぱい」*感想*
ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トッカン 特別国税徴収官 ... | トップ | 黒の女教師  第6話  *... »

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ラスト (uumika)
2012-08-24 10:52:58
ラストのオカルト的な恐怖感が凄かったですね。
ミステリーの延長とは言え、ぼんやりした戸田恵里かからあの声は、インパクトありすぎかもだけどね。
でも、ぬるいドラマ続きだったから、真夏の夜に久々ヒンヤリ楽しめました。
東野シリーズでは一番好きかも。

Leeさんの冷静な感想がまた楽しかった。
uumika さま (Lee)
2012-08-24 18:27:12
コメントありがとうございます♪

確かに ぬるいドラマが続いてましたもんねぇ・・・・(笑)。
“真夏の夜に久々にヒンヤリ”・・ホントそんな感じだ~。
戸田さんも不安定な心理状態の女性を好演していて 緊迫感がありました。
Unknown (リプル)
2012-08-24 19:23:15
男声のアテレコ具合が絶妙でしたね。戸田恵梨香の口元にピッタリ合ってました。
ドラマとしてはミステリーズのコンセプトに合致しているのかちょい微妙ですが、
「世にも奇妙な・・」風の作りは意外にも楽しめました。
どっちつかずのこういう渋めの役のユースケ・サンタマリアもいいですね。
リプル さま (Lee)
2012-08-24 21:33:17
コメントありがとうございます♪

アレ 怖かったです・・私。
個人的には ああいったホラー演出が無いミステリーを楽しみたかった思いが強いのですが
久しぶりに楽しめるストーリーではありました。
ユースケさんの渋さ・・良かったですねぇ。
Unknown (リプル)
2012-08-24 21:57:35
トリック自体はなんてこと無かったですが、演出によって別の作品に生まれ変わったってトコロでしょうか?(今回も原作未読ですが。)
見る人によっては怖かったでしょうね。まぁ、人形がリアルじゃなかったのが唯一の救い。
踊る捜査モノも全く見ていないので、ドラマでユースケ見るのはアルジャーノン以来。(苦笑)
ぷっすまのエロじじいっぷりとのギャップが。(笑)
リプル さま (Lee)
2012-08-24 22:59:02
あらぁ 久しぶりに役者のユースケさんをご覧になったんですねぇ。
私は バラエティ番組をあまり観ないので ドラマで活躍する方といった印象が強いです。
結構前に観た「ぷっすま」では確かにエロじじいっぷりを発揮してました~(笑)。
Unknown (リプル)
2012-08-24 23:20:37
ユースケに限らず
その役者が身に付けてしまった?「ワザ」を封印することで
良い方向に何かが生まれるのでしょう。

あと、
本作は嫌煙家が作ったのではないかと思われるくらいの嫌煙っぷりでした。
JTがスポンサーだったら実現しなかったでしょうね。(笑)
リプル さま (Lee)
2012-08-25 08:05:47
ヘビースモーカーの方たちにとっては ひたすら嫌味なドラマだったかもしれないですねぇ。
アタシは嫌煙家なので 由紀子の想いには共感できるトコロもあるのですが・・・。
  
ユースケ (uumika)
2012-08-25 09:18:32
そう言えば(笑)、、ユースケの起用が良かったな。
こういう地味な働きぶり刑事役、どんどん出てほしい。

短時間ドラマなのに、よく出来ていて、ややこしいカラクリもなく、最後にあの恐怖だから、、、ホント良かったです。
人間に潜む怖さ、、ドラマとして成立してた。
Unknown (リプル)
2012-08-25 09:37:17
同じく嫌煙人です。(^^)
貼付ポスターのキャッチフレーズをもっと強烈なものにしなかったのは
ストーリー的な部分が大きいのでしょう。
煙が画面に見えるだけでなく さも匂ってきそうな雰囲気、不健康さが漂っていました。
タイトルは白い凶器でしたが「限りなく黒に近い灰色の凶器」の方が
タバコのイメージには合ってます。(苦笑)
uumika さま (Lee)
2012-08-25 14:58:25
ユースケさん・・ 良かったですよねぇ。
でも いっつも顔色の悪さが気になっちゃって・・・。
お体大丈夫なのかしら・・などと 観るたびにに思ってしまいます。
そんな顔色の悪さも ユースケさんの独特の味わいになっているようにも思うのですが・・。

お気に入りのストーリーに出会うと気持ちが高まりますよねぇ。
リプル さま (Lee)
2012-08-25 15:06:13
まあ~っ リプルさんも煙草が嫌いなんですねぇ。
これだけマナーうんぬんを言われているというのに いまだに歩きタバコをする人を見ると 怒りを感じます・・私。
「限りなく黒に近い灰色の凶器」・・いいかも~(笑)。
「白い凶器」って チョッとスマートすぎますよねぇ。
Unknown (リプル)
2012-08-25 19:10:46
脱線ついでに。
数分間のタバコ受動吸引(or自己喫煙)であってもそれが毎日繰り返されることによる人体への影響。
若くして喫煙している人(しようとしている人)はファッション性云々より
もっと重大なデメリットを知るべきでしょう。
小さなお子さんの居るご家庭ではことさら・・・子供に様々な害を与えていることを自覚すべきです。
数ベクレル付着しただけの野菜摂取よりも 遺伝子上はるかに危険な因子であることだけは間違いありません。
肺胞は野菜表面のように水でカンタンに洗い流せませんし、後々の臓器再生も出来ません。
幸いガンにならなくとも、重い気管支炎及び重い重い酸素タンクを引きずり回す羽目になります。

>リプルさんも煙草が嫌いなんですねぇ。
アルコールもタバコも父親が反面教師でしたからねー。(笑)

>チョッとスマートすぎますよねぇ。
ネームインパクトやいろんな事情で「白い凶器」に落ち着いたのかもしれません。(汗)
自分的には”白い”って言えば”恋人”です。(爆)
リプル さま (Lee)
2012-08-25 21:38:49
イロイロなことを承知のうえで吸っている方は 放っておくとしても
周囲の人にも大きな影響を与えるというトコロが困りものですよね。
私も 白いといえば“恋人”だなあ・・やっぱり(笑)。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL