Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

さよなら私  第4回  *感想*

2014-11-09 | 秋ドラマ(2014)感想
* 「別れの予感」 *

いやぁ、、、こんな展開になるとは思わなかったよ。
互いを大切に思いあう親友、、
洋介(藤木直人)の妻と、洋介の愛人、、
という、ただでさえメンドクサイ状況の二人が入れ替わったコトで、とてつもなく面倒なコトになっているというのに、、
二人の前には、さらに、さらに、試練が待ち受けているのねぇ。
どえらい複雑な状況にクラクラしそうだ。
でも、こんな複雑な状況下に置かれた薫(石田ゆり子・・演じていたのは 永作博美さん)の想いがしっかりと感じられて面白かったなぁ。
天罰として、この状況を受け入れ、友美を死なせるわけにはいかないと決意する薫の姿は印象的だ。
早川薫は取り乱さないと思ったのか・・
早川薫は何も感じないと思っていたのか・・と
洋介に問い質す友美(永作博美・・演じていたのは石田ゆり子さん)にしろ、
友美のために自分を犠牲にしようとする薫にしろ、、
二人の友情が、さらに深まっていることが感じられるわねぇ。

それにしても、この状況で(といっても、本人は何も知らないのだが)
「俺は、あそこで取り乱した君が、益々好きになったけど。」
などと、言い放つ洋介、、、イラつく~っっ。
でも、友美にはセックスが似合わない・・だとか
恥ずかしい姿をさらす友美を見たくない・・だとか
家ではちゃんとしていたい・・だとか
厭らしい部分や、醜い部分を家に持ち込みたくないだとか・・
分かるような、、分からんような、、とにかくひたすら身勝手な考えを持つ洋介は面白かったよ。
覚悟を決めている・・ ジタバタするのは嫌い・・
などと、えらく達観したコトを言ってのける洋介。
ああ、、彼の愚かしい醜態が見たい。

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
チラリと共感していただけましたなら ポチリと押していただけると嬉しいです♪ 
<ドラマ感想>
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

さよなら私  第1回  *感想*
さよなら私  第2回  *感想*
さよなら私  第3回  *感想*
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Nのために  第4話  *感... | トップ | ぼんくら  第4回  *感想* »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ラムネ)
2014-11-10 16:34:28
こんがらがりつつも、面白いドラマです。(笑)
2人とも、洋介に対して冷静に接するところは
女の賢さが感じられて、すごいなって思うし
逆に、スマートにふるまっている風の洋介に
単純で哀れさをも感じられて、面白くなってきました。
次回も楽しみですね♪
ラムネ さま (Lee)
2014-11-10 17:32:11
コメントありがとうございます♪

こんがらがりますよねぇ。
感想が書きづらいです・・・(笑)。
役の名と役者の名前を一緒に書くのをやめようかなぁ。

女の賢さと、洋介の哀れさ、、ホントそうですねぇ。
三上光雄と春子も、それぞれいい味を出しているし、
それぞれが、どのように描かれていくのか楽しみです。
覚悟~ (LB56)
2014-11-12 05:20:41
お疲れさんまです。。。

いやあ、入れ替わってる人を表現するのは、なかなか難しいですなあ(苦笑)

>いやぁ、、、こんな展開になるとは思わなかったよ。

全くです。
こちらも、「覚悟」をもって見ないといけないのかもしれませんね。

それにしても、
「あなたのこの体と、その中の私の心は、死ぬのかもしれない・・・・」(体友美の心薫(^^;)
この台詞は、ぞっとしましたよ!

もしもの時に、息子の母親を自分が探す(もう決めてるんですけどね)と言った所とか、階段で座って話してる時に、元に戻るのを拒否しようとしてる所にも、親友のために死ぬ覚悟はあるようでした。
なんか、泣けてきそうです。。。(^^;

LB56 さま (Lee)
2014-11-12 06:44:03
コメントありがとうございます♪

ホント、「覚悟」をもって観ないといけないかも。
「あなたのこの体と、その中の私の心は、死ぬのかもしれない・・・・」
こんな台詞を聞くことになろうとは、、思ってもいませんでした。
入れ替わりって、思っていた以上に様々な状況の心理を見せてくれるんですね。
ありえない状況なだけに、突っ込みドコロもあるのですが、
その心情描写にやられてしまいます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL