Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

ごめんね青春! 第10話(最終回)  *感想*

2014-12-22 | 秋ドラマ(2014)感想
* 「忘れない!青春ほど楽しい授業はなかった!」 *

村井(小関裕太)らによる青春カフェ、、
男子たちによる神輿、、
遠藤(富山えり子)と豪徳寺教頭(緋田康人)による高校生クイズ
フランケン半田(鈴木貴之)、、
相撲ミュージカルとクイズを掛け持ちする遠藤、、
強烈な寒波をもたらす海老沢(重岡大毅)、、などなど
文化祭の賑やかさが伝わってくる最終回。
生徒も先生も、、みんな楽しそうで、高揚感が伝わってきて、良かったわぁ。

文化祭のワチャワチャ感でもって、最後までドタバタと描き切った印象が強く、
私の中で膨らみまくった最終回への期待は満たされなかった思いもあるのだが、
ゴチャゴチャっと慌ただしく駆け抜けていく感じは、このドラマらしいとは言えるか~。
大きな動きのあった9話から最終回へと、休むことなく観てみたかったという思いも強いのだが、
コレばかりは嘆いても仕方のないコトよねぇ。
まあ、今回は今回で、十分楽しんだんだからいいんだけどねぇ。

“神様からレンタルしている貴重な時間”に、いつまでもしがみついている平助(錦戸亮)が、、
“高い延滞料金”を払わされた平助が、、やっと青春を卒業する、、
という展開は、思いがけなくって面白かったなぁ。
なるほど~、こうやってまとめるつもりだったのかぁ、、と、納得させられたよ。

14年もの間、ズルズルと、モヤモヤと、青春を引きずってきた平助の成長物語だったり、
“信じてやることのできなかった父親”と、“疑うことができなかった父親”のエピソードだったり、、
人を許すことや、受け入れることだったり、、
ドタバタとした軽~いストーリーの中に、チョコチョコっと重たいもんを紛れ込ませているアタリも面白かったよ。

思いがけないといえば、平助が新たに進んだ道も予想外。
初代の美声や胡散臭さには敵わないなぁ、、とは思いつつも、
あれだけの魅力的な授業を繰り広げてきた平助だもの、、
初代を上回るナイスなアドバイスでもって、リスナーのハートを癒してくれそうだよねぇ。 

共感されましたならポチッと、、 共感されなくってもポチッと、、していただけると嬉しいです 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ごめんね青春! 第1話  *感想*
ごめんね青春! 第2話  *感想*
ごめんね青春! 第3話  *感想*
ごめんね青春! 第4話  *感想*
ごめんね青春! 第5話  *感想*
ごめんね青春! 第6話  *感想*
ごめんね青春! 第7話  *感想*
ごめんね青春! 第8話  *感想*
ごめんね青春! 第9話  *感想*
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Nのために  第10話(最終... | トップ | ファーストクラス  第9話... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
14年分の汗 (LB56)
2014-12-25 04:55:16
お疲れ秋刀魚でした!(^^)

>平助が、やっと青春を卒業する、、

青春と、聖駿の両方を卒業したわけね!(笑)
そのせいか、今回は、ずっとネクタイしてた感じでした。パリッとね。

>初代を上回るナイスなアドバイスでもって、リスナーのハートを癒してくれそうだよねぇ。 

教師とDJって、案外似てる所ありますからね~(^^)
しかし、降格した初代と2代目の会話は、面白かったですね。「初代だったら~」と自分で言ったりして(笑)
初代(元校長)の苦労が、わかるような気もします。
2つのポジションを失ったわけだし(^^;;ね。


さて、今回、りさの服を追ってみました。
青春祭の時は、ずっと白を着てましたね。
汚すんじゃないか、と気になりましたよ。
でも、姉の祐子が、黒っぽい紺?だったので、なるほど対照的にね、とは思ったんですが・・・
それが一転して、卒業式では、黒!
ホントに、白黒はっきりしてました。
前回だったか、赤のコートが強烈だっただけに、最終話はモノトーンで攻め、平助を引き立てたんだろうか?と思った次第です。
ちなみに、寺で花嫁修行?してた時は、淡い白系で、エレナや手伝いにきた姉(赤のチェック?)とのコントラストが良かったです。

その他、サンジョの女先生が坊主に、トンコーの男先生がシスターに扮して踊る、昭和的?なダンスも、そのくねり具合が妙~に面白かったんですが、生徒達が校歌を歌いながら、後片付けをするシーンは、なかなか良かった~と思います。
とりわけ、平助に告られたりさが、「しますよっ!しますとも、しますけど・・・今かなぁ?、フフフ」が、印象に残ってて、その後の富士山の光景も絶妙でした。

続編は望めないかもしれませんが、なかなかインパクトのあるドラマだったと思います。
・・・個人的には、人が多かったせいか、どんどんシーンが変わっていき(情報量が多すぎる?)、ついていけない部分もありましたよ(^^;;目を離すと話が飛んでるし~(苦笑)
LB56 さま (Lee)
2014-12-25 19:33:48
コメントありがとうございます♪

LB56さんは、りさの服に注目されましたか。
りさの服装って、かなり個性的でしたよねぇ。
あんな服、どこから見つけてくるんだろ、、、と思いながら観てました。
風変わりで、浮世離れしたりさのキャラクターに合っていて面白かったです。

平助のプロポーズに応対するりさ、、私も印象的でした。
可愛らしくって、相変わらずチョッと自己中心的な彼女らしいなぁ、、と思いながら観てました。

このドラマ、とっても個性的でしたよねぇ。
あの枠ではなく、もう少し遅めの時間帯で、
もっと個性を出しまくってくれても良かったのになぁ、、などとも思ってしまいいました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL