Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

さよなら私  第7回  *感想*

2014-11-29 | 秋ドラマ(2014)感想
* 「女と男」 *   出演:永作博美 石田ゆり子 

主人公がどんどんツボにハマっていくような笑える映画が好きだという光雄(尾美としのり)。
「実際、自分に起きるのは勘弁ですけど・・。」などと言っちゃう光雄。
ドツボにハマる光雄がこの後に見られるってコトね、、などと、光雄自身によるフリを楽しんだのだが、、
その後に見せられたもんは、予想を上回る深~いドツボだったよ。

いやぁ、、いい表情をするよねぇ、、、尾美さんって。
狼狽する感じ、、居心地が悪くて仕方のない感じ、、逃げ出したくってたまらない感じ、、
男のプライドが、、自分の存在価値が、音を立てて崩れ落ちていく感じ、、
春子と冬子が自分を選んだ理由に愕然とする感じ、、、
何とも言えない複雑な表情になって、沈み込んていく光雄の様子はかなり面白かったわぁ。
春子(佐藤仁美)に負けじと ぶっちゃける冬子(谷村美月)の威力、、凄まじい。

春子が友美と薫に自分の想いを延々と語る様子も印象的。
春子さんったら、自分の想いを友人たちに(視聴者に)分かり易く語りすぎなんじゃ、、、などとも思ったのだが、
あの春子の複雑な心情や感情は、あのように言葉にされないと全ては感じ取れなかったろうなぁ。
きっと春子は、疎外感を感じてしまったのだろうな、、
親友だと思っていたのに、自分だけ何も知らされていなかったコトがショックだったんだろうな、、
などとは、もちろん理解していたのだが、
いつでも“二番目”なのだという、自分の立ち位置に対する考えだとか、、
自分を一番に思ってくれる人がいないことへの寂しさだとか、、
夫が不倫している悩みを親友たちに相談しづらくなってしまった もどかしさだとか、、
そんな想いは、あの春子の台詞を聞かなければ気付けなかったよ。
こういう、細やかな感情を見せてもらえると、満足感があるよねぇ。

薫が主導で導き出された薫と友美の決断も心に残る。
洋介との関係は、女たちが決断することになるのだろうとは思っていたのだが、
この段階で、あのような決断をしてくるとは思わなかったなぁ。
元に戻ったときにどうするつもりなんだろう、、などとは思ったものの、
あのカタチは、今の二人にとってベストなのかもしれないなぁ、、などと、ストンと納得させられたよ。
病状はそこまで深刻なものにはならないのではないかと予想していたのだが、事態は厳しい状況へ、、。
友美と薫の人生がどのようになっていくのか、、気になる。

そうそう、三上家の息子たちには今回も泣かされてしまったよ。
どうも私は、あの兄弟に弱い。
母親の想いを知ってか知らずか、、、子供たちの何気ない言動が母親の心の支えとなる、、癒しになる、、
とっても自然で、作られた感じがしなくって、、でも、心に残るエピソードって、、いいよねぇ。

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
チラリと共感していただけましたなら ポチリと押していただけると嬉しいです♪ 
<ドラマ感想>
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

さよなら私  第1回  *感想*
さよなら私  第2回  *感想*
さよなら私  第3回  *感想*
さよなら私  第4回  *感想*
さよなら私  第5回  *感想*
さよなら私  第6回  *感想*
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« きょうは会社休みます。  ... | トップ | Nのために  第7話  *感... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ラムネ)
2014-12-01 16:35:51
リッチなレストランが修羅場と化さなかったのは、ある意味凄い展開でした。(笑)
春子があんなにも冷静に振る舞えるなんて、かっこよかったです。
光雄はかなり制裁を受けた感があるので、
次は洋介が狼狽する姿も見たいです。(笑)
あと、友美とお母さんの関係も好きなので、見たいところです。
ラムネ さま (Lee)
2014-12-01 17:14:46
コメントありがとうございます♪

春子、頑張ってましたよねぇ。
強がってあの場を乗り切ったものの、その後で後悔する春子が切なかったです。

洋介ったら、なかなか狼狽えてくれませんよねぇ。
翻弄されるのは悔しいから、楽しむことにした、、などと、
今回も達観したトコロを見せられて、悔しかったです。

お母さんはあまり登場してきませんねぇ。
友美の体調次第では、またの登場も見られるかしら。
女の選択 (LB56)
2014-12-02 03:44:20
お疲れさんまです。。。

「女と男」というよりも、「女の選択」って感じでした。
男はほとんど動けず、見・て・る・だ・け~(笑)

>そんな想いは、あの春子の台詞を聞かなければ気付けなかったよ。

ようやく、春子という人物が分かってきましたね。
しかし、冬子と同じ感覚だったとは、驚きでした。
でも、痛い足を攻撃する(踏む)のは、やめましょう!(笑)

考えて見たら、光雄・春子・冬子の組って、どことなく、洋介・友美・薫の組に、似てますね。
丁度、直角三角形と二等辺三角形みたいな感じかも・・・(汗笑)

>病状はそこまで深刻なものにはならないのではないかと予想していたのだが、事態は厳しい状況へ、、。

元に戻ると信じて見てるだけに、厳しい展開になるのは、見る方も厳しいなあ~
服も、診察のシーンから黒っぽくて、既にこうなることが分かってたような感じがしました。
「私、死ぬ見たい・・・」という薫@体は友美、が予想以上に普通で、本当に死ぬのかいな?と思う程です。
友達の体で死ぬという、妙な覚悟があるんでしょうかねえ。

それにしても、広い公園って、病院の中にあるんでしょうか? それとも隣接してるんだろうか?
病院と公園のシーンが連続なんで、ちょっと気になりました。

尾美さんに、どこかタクシードライバーの面影があるのは、気のせいでしょうか??
・・・雰囲気が、「あまちゃん」の時に似てるんで~(^^;
LB56 (Lee)
2014-12-02 12:43:59
コメントありがとうございます♪

確かに、男はほとんど見てるだけ・・でしたね(笑)。
春子のあの攻撃、凄まじかったですよねぇ。
笑っちゃいました。

厳しい展開は辛いですよねぇ。
そこまで悲しい結末にはならないと、まだ思ってはいるのですが、
病状が病状なだけに、どうなるのか、、、気になります。

あのシーンは、私は最初、病院の庭?と思い、、
いや、、公園か??と思い、、
もう、どっちでもいいや~と流しちゃいました。

あまちゃんの感じに似てますよね、、このドラマの尾美さん。
あまちゃんのパパよりも小者っぽく感じるのは、
やっぱり、家族を裏切るようなコトをしているからかしら。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL