Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

愛してたって、秘密はある。  第7話 *感想*

2017-08-28 | 夏ドラマ(2017)感想
番組HP

爽(川口春奈)と風見(鈴木浩介)の過去の事件が明らかになった回。

事件当時、
風見の悲痛な泣き声を耳にして、
爽がある想いをずっと抱いていた、、
というのは興味深かったよ。

それが、
ずっと描かれてきている、
加害者の気持ちに寄り添いたいという黎(福士蒼汰)の考え方に結びついているのは面白かったわ。

残酷な理想に爽が付き合わされているのが許せなかったという虎太郎(白洲迅)の主張も、
この流れに重ねてあったしね、、
このアタリの描かれ方は面白く視聴するコトができたよ。
いや、、
虎太郎の言い分は身勝手極まりないけれども。
ただの嫉妬心でしかないように思えるけれども。


それにしても、、
晶子(鈴木保奈美)が風見に見せた意味ありげな微笑みはインパクトがあったわねぇ。

「私は、何があっても貴方の味方ですから。」
この言葉は何を意味しているのかしら。
気になるわぁ。


どうでもいいけど、
黎の元にメールで送られてきた写真の小包が、実は二つ用意されていたというクダリはイマイチだったなぁ。
警察に送られてきたほうの小包がしょうもなくって萎える。
煽るのはいいのだけれど、
面白く煽ってほしいんだよなぁ。
黎が発見した小包ひとつで良かったんじゃないのかね?
警察の方に小包が送られたことで、何かしら新たな動きへと繋がるのかね?


 チラっと共感していただけましたなら、ポチっとね♪ 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村

愛してたって、秘密はある。  第1話 *感想*
愛してたって、秘密はある。  第2話 *感想*
愛してたって、秘密はある。  第3話 *感想*
愛してたって、秘密はある。  第4話 *感想*
愛してたって、秘密はある。  第5話 *感想*
愛してたって、秘密はある。  第6話 *感想*
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ごめん、愛してる  第7話... | トップ | コード・ブルー ドクターヘ... »

コメントを投稿

夏ドラマ(2017)感想」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL