Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

<ドラマ> 僕たちがやりました  第9話 *感想*

2017-09-13 | 夏ドラマ(2017)感想
番組HP

トビオ(窪田正孝)、パイセン(今野浩喜)、伊佐美(間宮祥太朗)とマル(葉山奨之)が自首を決意するストーリー。

この流れ、ずっと楽しみにしていたハズなのに、
いざ、それを目の当たりにしてみると、
さして、面白くは感じないから不思議だ。

自首をするにあたって、
決別する4人の姿を丁寧に描いていたと言うこともできるのだろうが、
私は、チョッとかったるく感じてしまったんだよねぇ。

低刺激すぎるというか、、
アホ度が足りないというか、、
しっとり度が高すぎるというか、、
今までと比べると物足りなさを感じてしまったのよ。


それでも、、
自首告知活動のクダリからは、
高まるアホ度を楽しむことができたよ。

「やった!俺はずっとこの瞬間を待っていたのかもしれない。
 これが俺にとっての自由なんだ!」

この、トビオの心の叫びは面白かったよ。

罪を告白するって快感を伴うこともあるんだよねぇ、、
罪を告白することで、自由を感じることもあるんだねぇ、、
そんなことを思わされたよ。


それにしても、、
決別の夜もそれぞれならば、
自首する想いもそれぞれ、、なんだねぇ。
今のところ、
自分たちの罪と向き合おうとし始めているのは、トビオと伊佐美くらいか?
彼らにはどんな結末が待っているのか、、気になる。


 チラっと共感していただけましたなら、ポチっとね♪ 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村

<ドラマ> 僕たちがやりました  第1話 *感想*
<ドラマ> 僕たちがやりました  第2話 *感想*
<ドラマ> 僕たちがやりました  第3話 *感想*
<ドラマ> 僕たちがやりました  第4話 *感想*
<ドラマ> 僕たちがやりました  第5話 *感想*
<ドラマ> 僕たちがやりました  第6話 *感想*
<ドラマ> 僕たちがやりました  第7話 *感想*
<ドラマ> 僕たちがやりました  第8話 *感想*
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ごめん、愛してる  第9話... | トップ | 過保護のカホコ  第10話... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
4人の自主までのプロセスを (パインル)
2017-09-13 11:42:40
バランスよく描いていましたね。

古田新太が出演していなかったのが意外で、前回のコラムでもお話しさせていただいた(by.えなりかずき?)水川あさみが何かと首突っ込んでくる展開は違和感今回も拭えませんでしたが、最終回も期待しております。

(主題歌が結構売れているようですね。今クールの主題歌では確かにインパクトはあり、ピッタリだと思います。)
バインル さま (Lee)
2017-09-14 08:25:54
コメントありがとうございます♪

主題歌、売れてるんですか。
知りませんでした。
ドラマの雰囲気に合っていていいですよねぇ。

コメントを投稿

夏ドラマ(2017)感想」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL