Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

ドラマ10 聖女 第6回  *感想*

2014-10-04 | 夏ドラマ(2014)感想
* 「愛が壊れるとき」 *

基子(広末涼子)と泉美(蓮佛美沙子)、、
晴樹(永山絢斗)を愛する二人の女性が印象的ねぇ。

晴樹からの追及に必至で抗弁する基子の様子が好き。
千倉が語ったことを持ちだしてくる晴樹に動揺し、、
たくさんの言葉を使って、晴樹を説き伏せようとして、、
まるで法廷かのように、自分を追いつめてくる晴樹に狼狽して、、
それでも、なお、晴樹との愛に縋りつく基子、、、、
いやぁ、、良かったわぁ。
「お金もない60代の男性が無条件で女に愛されようなんて、そんなの、思うほうがおかしいじゃない!!」という、基子から飛び出す本音と
「あれ?おかしいな?」という呟き、、いいよねぇ。 面白いよねぇ。
様々な顔を見せる基子に惹きこまれてしまったよ。
後半の基子の様子も面白いっちゃあ面白いのだが、、
あそこまで明らかにおかしくなってしまうと、面白味は減ってしまう気がするのだから不思議だ。
壊れそうで壊れない、、基子には、そんなタフさを見たいのだが、最終回ではどのように描いてくるかしら。

泉美のほうは、あの強さが好き。
前回、立て続けに受けまくったダメージの数々にも負けないあの強さ、、
克樹(青柳翔)の好きにはさせないと言い切るあの強さ、、
いやぁ、、いいわねぇ。
アイメイクが違うのか、泉美には、今までに私が観てきた蓮佛さんとはチョッと違う雰囲気を感じていたのだけれど
なるほど、このような強くて逞しい女性だからこその、あの感じなのか、、などと感じたよ。
「もうちょっと、まともに嘘をついてくれる人が良かった!」
「馬鹿じゃないのっ!!!」
「いまさら嘘つこうなんて思わないでね。どうせ嘘つけないんだから。」
などと、盛大にキレまくる泉美が面白かったわぁ。
「馬鹿じゃないのっ!!!」のクダリは、痛快すぎて思わず吹き出しちゃったよ。

ホント、馬鹿だよねぇ、、晴樹って。
バカ正直だよねぇ、、晴樹って。
でも、あそこまでぶっちゃけてくる晴樹の様子は、なんか憎めないというか、、
どうしようもないんだけど、放っておけない、、
嘘がつけないトコロが、やっぱり好き、、 などと、強くて逞しくて情の深い泉美が思ってしまうのも分かる気もするよ。
基子に対する諸々の対応は、あまりにも不適切すぎるぞ~っっ!!と、突っ込みたくもなるのだが、
あの甘くて切なくて辛くて哀しい体験を引きずってきた晴樹くんなんだもの、、
基子に振り回され続けてしまったのも分かる気もするよ。

 最後まで読んでくださり ありがとうございます  
チラっと共感していただけましたなら、ポチっと押していただけると嬉しいです♪  
<ドラマ感想>
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

聖女 第1回  *感想*
聖女 第2回  *感想*
聖女 第3回  *感想*
聖女 第4回  *感想*
聖女 第5回  *感想*
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドラマ10 聖女 第5回  ... | トップ | スペシャルドラマ 月に行く... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ラムネ)
2014-10-05 17:12:48
前に書き忘れてました。ブログの衣替え、素敵ですね。
ところで、聖女になりたかった基子の身勝手な本性がかなり出てきましたね。
やっぱり、2回前くらいから泉美サイドになってます。
晴樹の危うさがもどかしいですね。私も突っ込んでました。(笑)
ただ、前原はどうしてわざわざ晴樹と基子を2人きりにしたのか
晴樹は基子に背広をかけて、またわざわざバッチを外し
そして、タクシーに背広を忘れたというのは、考えがあるのかないのか
最終回が怖いけど楽しみです♪
ラムネ さま (Lee)
2014-10-05 17:58:24
コメントありがとうございます♪

ブログの模様替えを頻繁にやるのは好きではないのですが、
(なんか、落ち着かなくなるので、、)
時々、どうしようもなく変えたくなる時があります(笑)。
飽きてくるんでしょうね、、たぶん。

晴樹くん、もどかしいですよねぇ(笑)。
危なっかしいというか、、 優しすぎるというか、、 。

前原の真意、、分かりづらいですよねぇ。
基子との関係にケジメをつけさせようとしたのかな?などとは思いますが、
あそこで二人っきりにしたがために、妙なコトに、、汗。

最終回、私もかな~り楽しみです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL