Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

東野圭吾ミステリーズ  第4話  *感想*

2012-07-27 | 夏ドラマ(2012) 感想
* 「レイコと玲子」 *

楽しみにしていた平田満さん演じる今西警部補は 思っていたほどの活躍は見せてはくれないのね・・・。
1話・2話・3話と 刑事のキャラがえらく目立っているストーリーが続いたので
てっきり今回もそんな感じなのかと思っていたのだけれど。
犯人は必ずどこかでボロを出す・・ 本当に怪しいのは誰かを見極めるのが刑事の仕事・・
といった 今西の言葉が それとなぁく事件の真相を匂わせるようなカタチにはなっていたケド。
ただ ストーリーの展開自体は そんな今西の言葉がなくっても予想できそうなのよねぇ・・・。
今回のストーリーの最大の見せ場は 冒頭とラストで描き出される葉子(観月ありさ)の記者会見の様子・・
二つの記者会見における葉子の心情の違いなのだと思っているので 
葉子の記者会見よりも 街を歩くレイコ(大野いと)の様子に重きを置いたラストシーンは不満が残る。
あの状況であってもなお 「私は私の信じることをしたまでです。」と言い切る葉子の表情でもって
ストーリーの最後は締めくくってほしかった・・などと どうしても思ってしまう。
多重人格者の少女を 大野いとさんが印象的に演じていたとは思うけれど
パッと目を引く多重人格者の言動でもって 安直に視聴者を煽るのではなく
そんな彼女に振り回されることとなった葉子や真一(吉田栄作)の心情を描いて見せてほしかった。

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ランキングに参加中です。チラリと共感していただけましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

東野圭吾ミステリーズ  第1話 「さよならコーチ」*感想*
東野圭吾ミステリーズ  第2話 「犯人のいない殺人の夜」*感想*
東野圭吾ミステリーズ  第3話 「エンドレスナイト」*感想*
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トッカン 特別国税徴収官 ... | トップ | 黒の女教師  第2話  *... »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
内容薄く、がっかり。 (uumika)
2012-07-27 09:13:57
ハイ、周りの心情、、あっけに取られるだけでは、物足りないですね。
大野いとこさん、迫真の演技良かったけどね。
只脅かすためのどんでん返し、、面白くなかったです。
今度から録画を飛ばし見位にしとこう。

観月ありさ&吉田栄作さんコンビは、またもっと長いドラマ出演で観たいな!
uumika さま (Lee)
2012-07-27 18:24:53
コメントありがとうございます♪

いまひとつ感漂うストーリーでしたねぇ。
レイコのエキセントリックな言動をストレートに見せられるだけでは 面白いとは感じないですよねぇ。
脚本も演出も毎回違うというトコロに 微かな期待を抱きつつ 毎度毎度懲りずに観ているワケですが 
面白い~♪っと嬉しくなっちゃうようなストリーには なかなか出会えないものなんですね・・・。
Unknown (リプル)
2012-07-28 16:22:14
ご無沙汰してます。(^^)
平田満と吉田栄作に釣られ飛んで来ました。(笑)
このシリーズは初見です。

タイトルの「イ」&「と」だけが赤い文字。
しっかり大野”いと”が隠れていました。
あえて”意図”的に変えていたのか知りませんが、たぶん誰も気付かないでしょう。(苦笑)

刑事モノのホワイトボードは視聴者に判りやすくする役目もあるのだけれど、
説明するだけの安直単調なシーンに成りがちです。
そんなに登場人物も多くないのであんまり必要なかったかも。
弁護士事務所?なだけにボードそれ自体は不自然ではありませんが、
事件関係者の顔写真がなんで貼り付けられていたのかが疑問です。(笑)

せっかく平田&栄作を出すのだから、
もっと積極的に絡ませる等の複雑なストーリーに仕立ててもらいたかったです。
・・・原作があるので難しいでしょうケド。
最近”東野圭吾”とあからさまに付けたタイトルがあまりに多くてチョイ食傷気味です。

>レイコ(大野いと)の様子に重きを置いたラストシーンは不満が残る。
葉子の幼児期の虐待を回想シーンで取って付けたような扱いだったので、
今作は大野いとが主役といってもいい感じでした。
態度&表情を急変させる役柄がドンピシャなのか、
見た目と口調のギャップが 色んな場面で使い勝手が良いのか(失礼!)
最近ちょくちょく見かけます。
リアル高校生でありながら注目の実力派女優さんではあるのだけれど、
役柄が勝手に固定されてしまうテレビよりも舞台向きのような気も。
リプル さま (Lee)
2012-07-28 18:26:49
コメントありがとうございます♪ そして お久しぶりです~。

え~っ!? タイトルにそんな趣向が凝らしてあったんですかっ!?
あたしゃ全く気付かず・・。録画も消しちゃったし 見直すコトもできず・・。残念っ。
大野いとさん押しな作品だったんですかねぇ。
彼女のベチャ~っとした ベタ~っとした口調がどうも好きになれないのですが
あの チョッとだらしなさを感じる個性的な口調が 妙に印象に残る女優さんだとも思っています。

東野圭吾さんの小説を全部読んでいるワケではないので 偉そうなコトは言えないのですが
好きな作品がいくつかあるので やっぱりこのドラマも期待して観ちゃうんですよねぇ。
Unknown (リプル)
2012-07-28 19:28:59
やっぱり誰も気付かない?(笑)
某ATARUじゃないので、スタッフもそんな気はさらさら無いでしょうから
単純にアクセントに赤い文字を挟んだだけかも?

>ベチャ~っとした ベタ~っとした口調が
・・・確かに。色んな表現方法がありますよね。(笑×2)
素の彼女、とってもキュートな笑顔なのに、、
ムスッとした表情の役柄が最近あまりに多過ぎるのでついついグチりました。
態度を急変させられる若手女優は意外と少ないのできっと需要が多いのでしょう。
(・・・リアル態度急変はいますが。汗)

東野圭吾さんの小説はおろか、推理モノ、サスペンスの類はほとんど読まないです。
本を読むこと自体は好きなのですが、感想文書くのを強制されるのがトラウマで。
サキとか、オーヘンリーとか、心の内面に触れるものと言えば聞こえは良いですが、
要はカンタンに最後まで読める短編ものが好きなので。(爆)
リプル さま (Lee)
2012-07-28 20:52:56
リアル態度急変女優さん・・いますねぇ(笑)。
チョッと生意気な役を演じる大野さんしか観たコトがないので
キュートな大野さんというのを ドラマで観てみたくなりました。

読書感想文・・私も大嫌いでした~。
Unknown (リプル)
2012-07-28 22:12:13
Leeさんが感想文嫌いだったなんて、なんか意外です。
かなりの読書家になる人もいますから、
読書感想文は人によって毒にも薬にもなるってことなんでしょうね。(苦)
良いことばかりを書きつらねることが感想文でないことを、、
感想文を書く必要がなくなった頃に理解しました。(遅っ)
リプル さま (Lee)
2012-07-29 09:19:39
アタシには毒でしかなかったかも~。
感想や考えを書かなくっちゃダメなのに 文字数を稼ぐために あらすじを書きまくったり・・・。
なんだか 感想文に苦しんだ夏休みを思い出しちゃいました~。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL