Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

ドラマ 桜坂近辺物語  3台目  *感想*

2016-03-15 | SPドラマ 感想
番組情報  2016年3月9日放送


今までのなかで一番面白かったよ。

紺野(山本耕史)、青山(大倉孝二)、赤木(なだぎ武)、黒田(山崎樹範)、緑川(野間口徹)と、
5人の男たちが、狭い車内に詰め込まれている時点で、なんだか妙に面白いし、
その後に展開されていく彼ら5人の会話も楽しいし、
オチも予想できなかったし、
面白かったなぁ。
回想シーンが、やたらと楽しげなのもいいよねぇ。

「誰か一人降りない?」 
この紺野の提案から、様々な立場での主張が繰り広げられていくのが面白い。
後部座席組と比べたら、明らかに恵まれた状況下にいる青山が、
初っ端から分が悪いのが可笑しい。
車に残るためのプレゼンで、自身の主張が自らの首を絞めていく青山の様子も良かったなぁ。
絶対的立場の赤木や緑川が、青山を下に見るクダリも好き。

5人それぞれのキャラクターが魅力的に描かれていて、
とても満足感のあるストーリーだったわぁ。


 チラっと共感していただけましたなら、ポチっと押してくださいませ♪ 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ドラマ 桜坂近辺物語  1台目  *感想*
ドラマ 桜坂近辺物語  2台目  *感想*
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドラマ 「家族ノカタチ」 ... | トップ | ドラマ 「いつかこの恋を思... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
車内の中で起こる、4つのお話 (笑う社会人の生活)
SPドラマ「桜坂近辺物語」を見ました。 フジにて 7日から4夜連続で23時からやってました バカリズムが脚本の4話のオリジナルのオムニバス 基本、同時間、同場所で大渋滞にはまった車の車内が舞台の物語 車がキーとなるという点では選TAXIと同じだし どの話もタイプの...