Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

最高の離婚   第1話  *感想*

2013-01-11 | 冬ドラマ(2013) 感想
* 「つらい。結婚って、長い長い拷問ですよ」 *

「最後から二番目の恋」的なコトをやりたいのだろうなぁ・・・・・そんなことが伝わってくる初回。
初っ端の光生(瑛太)のマシンガントークや その後描かれる光生と結夏(尾野真千子)の掛け合いは
(製作側はそんなことはないのだと言うかもしれないけれど)「最後から二番目の恋」を意識しているように思われてならない。
そして そんな風に感じてしまうということは 当然「最後から二番目の恋」と比べながら観てしまうわけで
そうすると どうしても う~ん・・・・イマイチ・・・・・となってしまう・・・・。
特に 冒頭のトークは ツボにハマらないというか 言っている内容がお寒いというか・・
つまりは サッパリ好みじゃなくって ちっとも面白く感じなかったのが辛い。 
その後の光生と結夏の掛け合いも魅力を感じなかったし・・・。
ただ 灯里(真木よう子)が登場してからは なんだかなぁ・・と萎え気味だったアタシの気持ちもチョイ復活。
灯里の雰囲気はいい感じだし 灯里と光生の会話や 灯里を意識しまくる光生の雰囲気も好み。
(瑛太さんは 冒頭のような雰囲気よりも 灯里と接しているときのような雰囲気のほうが似合うと思う・・。)
「今、自分が思っていたより声出たなあ・・」(正確ではないかも)という光生の呟きだとか
ラストにかけて見せる結夏のアクションなど 面白いなぁ・・と感じるトコロもあるし
光生と結夏が付き合うこととなったエピソードも印象的だったので 
回を重ねていくごとに 好きなトコロがたくさんできるドラマとなっているといいなぁ・・と期待。 

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ランキングに参加中です。共感していただけるトコロがありましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 書店員ミチルの身の上話  ... | トップ | カラマーゾフの兄弟  第1話... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
知らなかったです (あきんこ)
2013-01-11 21:23:31
最後から二番目の恋のスタッフだったのですね。知らなくて見ていたらですね。
確かに冒頭はお寒い感じ。
ではありました。
なんか瑛太さんで今までみたことないキャラクターで違和感あったけど、新たな挑戦て感じがしたくらいでみてて。
まあこんなキャラなんだーくらいな感じでしたね。
個人的にはシェアハウスの恋人の次に楽しみにしていたドラマでしたが、期待は裏切られてはないかなーと思います。

カーネーションの綾野オノマチ共演というとこと、予告がとても面白そうで興味そそられてました。

震災のことも書かれてて、風化しちゃいけないとはっとさせられました。

サザンの歌もなんやそれって感じで好きでした。引き続きみたいと思います!(^o^)
あきんこ 様 (Lee)
2013-01-11 22:47:51
コメントありがとうございます♪

演出の宮本さんは「最後から二番目の恋」も担当されてましよねぇ。
脚本家・主演・演出が「それでも、生きてゆく」と同じということで 私は期待していたのですが
期待が高すぎたのか・・ 「最後から二番目の恋」の印象に邪魔されたのか・・ 
思っていたほどには満足できませんでした。 
エンディングが一番インパクトがあったかも~。
それでも 面白くなるのでは・・と期待しているドラマではあります。
Unknown (よっしい)
2013-01-11 23:56:28
あれっっっ。
てっきりleeさまの感想は
おもしろかったわあ
から始まると思ってました!!
私はとても気にいったもので。。
絶対leeさまも気にいったに違いないと、勝手に思ってたんですが。。

瑛太くんが、ラッキーセブンの瑛太くんとそれでも生きていくの瑛太くんと同じ人なんて、色々できるんだなあと感心しつつ大笑いしつつみてました。(歯医者のシーンは多過ぎですが)
あの妙に猫背な歩き方~。

で、そのときに、そういえば中井貴一だって、平清盛と最後から二番目の恋とでは全然違うから、皆うまいよなあ~と、ふと中井貴一のことを思ったんですが、このドラマが最後から、、とプチかぶりしてるとは思いもしませんでした。
そうだったんですねー。

第一話は、キャスト、主題歌(ダンス含む!)、テンポ(CMへの入りかた含む)が全て面白かったので、次回以降失速しないことを願います。
よっしい 様 (Lee)
2013-01-12 07:17:57
コメントありがとうございます♪

いやぁ・・よく分かってらっしゃる(笑)。
私も “おもしろかったわあ”と書く気満々で観たのですが 中井貴一様の好印象に邪魔されてしまいました・・・。
瑛太さんも好きな俳優さんなんですけどねぇ。
「それでも、生きてゆく」の双葉との掛け合いのほうが面白かったなぁ・・などと これまた比べてしまったりして・・・。
灯里が登場してからは 「最後から・・」の邪魔もだいぶ薄まって このドラマの世界を楽しめだしたのですが・・。
とりあえずは 次回に期待です。 
過去作と比較しないで このドラマと集中して視聴できるよう 頑張りますっっ。
Unknown (ひーこ)
2013-01-14 00:07:53
Leeさまのドラマ感想、本当に楽しみです~♪

私は『最後から~』を全く見ていなかったし、とにかく瑛太のファンなので、このドラマでも瑛太の役づくりぶりに感心しております。ドラマ、映画に多数出演していても、彼はキャラがかぶらないですしね。

女のわたしでも、ドラマの最後の方の、灯里、結夏の発言、行動には不意を突かれたというか、女って複雑でしたたかで訳分からない生き物だと思いました(笑)

綾野剛の出番が1話では少なかったのも残念。。

Leeさまは、『まほろば駅前多田便利軒』は見ていらっしゃらないですか?深夜枠ですが、この瑛太もおススメですよ
ひーこ 様 (Lee)
2013-01-14 09:11:27
コメントありがとうございます♪

ひーこさんは瑛太さんのファンですか。
瑛太さんの活躍っぷり・・スゴイですよねぇ。
「まほろ駅前多田便利軒」は観てないのですが ドラマ版の1話は観ましたよ~。
原作よりも 幾分若い設定なのでしょうかねぇ。
多田と行天は 私のなかではもうちょい疲れた中年といったイメージがあります。 

どちらの役も 瑛太さん独特の爽やかさや清潔感を感じさせつつも  全く異なる雰囲気で魅せてますものねぇ。
瑛太さんのファンの方たちにとっては 楽しめるクールとなりそうですね。
感想は このドラマに絞りますが 私も彼の活躍を楽しみたいと思っています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL