Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

ドラマ 「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」  第7話  *感想*

2015-12-02 | 秋ドラマ(2015)感想
番組HP

カラ(菜々緒)ったら、生き生きしてたわねぇ。
拘束された猪熊(木村文乃)の目線に合わせて前かがみになる登場シーンの美しさに惹きつけられる。
素晴らしいボディだからなのか、、
中の人の努力の賜物なのか、、
チョットした動作も様になっていて、魅力的に見えるところがいいよねぇ、、カラって。
(あの高笑いはチョイと物足りなかったが、、、。)

人を殺害するカラの心理を少しだけ見せてもらえたのも面白かったよ。
「殺すと手に入る」
いやぁ、、予想できんわ、、そんな心理。
だから、猪熊の正義感にあれほどまでに興味を示していたのねぇ。

「何で!?」   「取りあえず、手と足外してもらえるかな?ゆっくり話聞くから、ね?」
猪熊さんのほうは、「殺します。」とカラに言われた際のこの台詞にチョイとイラっとしたものの、
その後に見せられたコスプレに、そんなイラっと感も吹き飛ぶ。
何であんな恰好をさせられてんだかよく分かんないケド、チョイと気持ちが高まるもんがあったよ。
ポリスファッションにしても、乃花のフリフリワンピにしても、
似合っているような、似合っていないような、ビミョーな雰囲気になっちゃってるのも、
カラに無理やり着せられている感があってツボ。
ときに人をイラッとさせるほどに空回りする正義感を見せる猪熊なんだけど、
痛みや恐怖に絶えて、カラに屈しないように踏ん張る姿に、そんな空回り感も受け入れられるような気がしたよ。

動き出す里見(松坂桃李)に、
操られる渡(光石研)に、
少しずつ見え始めるカラの思惑、、などなど、
ストーリーにたくさんの動きが見られて楽しめた回だったよ。


 最後まで読んでくださって、ありがとうございます  
チラリと共感していただけましたなら、ポチリと押していただけると嬉しいです♪ 
<ドラマ感想>
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ドラマ 「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」  第1話  *感想*
ドラマ 「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」  第2話  *感想*
ドラマ 「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」  第3話  *感想*
ドラマ 「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」  第4話  *感想*
ドラマ 「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」  第5話  *感想*
ドラマ 「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」  第6話  *感想*
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドラマ 「サムライせんせい... | トップ | ドラマ 「偽装の夫婦」  ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL