Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

監獄のお姫さま 第4話  *感想*

2017-11-08 | 秋ドラマ(2017)感想
* 「秘密」 *       番組HP

伊勢谷友介さんったら、活躍しすぎ~っ。
吾郎(伊勢谷友介)ったら、使い勝手良すぎ~っ。


馬場カヨ(小泉今日子)と夫の関係性を、
吾郎を使って再現するカタチ(2話)は面白かったので、
このカタチで他の面々の背景も描いていくのかな?とは思ってたのだけど、
あんなにガッツリ本腰入れて再現されるとは思ってなかったわ。

しかもさ、、
姉御(森下愛子)の回想シーンなんて、
「若ぇの」だからね。
姉御を裏切った夫ならまだしも、「若ぇの」だからね。


冒頭なんてさ、、
混乱しちゃったよ~。
伊勢谷友介だよね?
ん?
伊勢谷友介・・じゃない・・の?
あれ??
ってなっちゃったよ~。

吾郎の大活躍っぷりも、
吾郎から本人に替わった際のどえらい落差も、
とても面白かったわ。

姉御や財テク(菅野美穂)の哀しい背景を知る興味深さもあったしね。
お遊びやネタの楽しさと、
ストーリーの充実感を味わう楽しさ、、
両方を味わえる楽しい回だったなぁ。


それにしても、、
カヨの夫・武彦(赤堀雅秋)の、なんと憎たらしいことよ。

2話で描かれていた、吾郎による再現で、
カヨの夫の嫌な感じを分かったつもりになっていたけど、
いやいや、、
あれほどだとは思わなかったわ。
予想を上回る酷さだったわ。
ありゃあ、酷いわ。
・・・・刺したくなるのも分かる・・かも・・・ってなったわ。
でもねぇ、、
あんな嫌なヤツのせいで、女囚になっちゃうのは、悔しいよなぁ。
やっぱり愚かでしかないんだよなぁ。

(「愚鈍!」とふたば(満島ひかり)に言われて落ち込んでたけれども。)
(っつうか、、武彦の中の人、、素晴らしいインパクトだったわ。)



今回の最大のツボは、

「蛤振してます」

コレには笑ったわ。


「私、黙ってました?ほとんど言ってませんでした?」

コレも好き。
馬場カヨの愚鈍さが好きよ。


 チラっと共感していただけましたなら、ポチっとね♪ 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村

監獄のお姫さま 第1話  *感想*
監獄のお姫さま 第2話  *感想*
監獄のお姫さま 第3話  *感想*
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« この声をきみに 第7話  ... | トップ | ブラックリベンジ 第5話 ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
池田成志が最高! (パインル)
2017-11-08 12:08:53
今回も監獄のラジオ体操場面で爆笑。

ああいった“おちょくり”精神、クドカンならではの発想ですよ。

高田純次も森下愛子の旦那役で登場しましたね。
「身体全体が嘘で出来ている」ような高田さんのキャラが今後どう活かさせるかも注目。

前半のleeさん喝采の伊勢谷、後半のクドカンドラマ常連の塚本くんと男優陣がなかなか強烈な個性発揮の回でした。

(あくまでも僕個人の感想ですが、菅野美穂だけはどうしても小泉・森下ご両人よりセレブ感欠かけてしまうように見えます。「砂の城」のイメージ、未だに僕が引きずっているからですね...。)
バインル さま (Lee)
2017-11-08 20:34:45
コメントありがとうございます♪

ざんげ体操、、
今回はガッツリ描かれてましたねぇ。
しょもなさが面白かったです。


塚本さん演じる長谷川検事のマヌケさもツボでした。
「バカなのかな?」


菅野美穂さんのセレブ感ですか。
ソコは気にしたことはなかったです。

でも、、
菅野美穂さんだけ、なんかチョッと違うんだよななぁ、、、
という感覚は初回からずっとあります。
宮藤官九郎ワールドに馴染んでいないように感じられてしまって、、、。
その違和感も少しずつ薄まりつつはあるのですが、、、。

コメントを投稿

秋ドラマ(2017)感想」カテゴリの最新記事