Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

よる☆ドラ 眠れる森の熟女 第2回  *感想*

2012-09-12 | 夏ドラマ(2012) 感想
* 「あなたと私が思い描いてたもの」 *

夫婦二人の穏やかな老後の生活を夢見ていた妻と 自分の人生には輝ける未来がまだまだあるのだと信じたい夫・・
こういうささやかだけれど大切な価値観の違いが 夫婦間の軋轢へと変化していくのかしらねぇ。
互いの想いを尊重しながら 少しずつ折り合いをつけていければ言うコトはないのだろうけれど・・・。
「昔の気持ち、自分でもびっくりするくらい消えてなかったから。」 だとか
「人生まとめに入っていいってことはないだろっ。」 だとか 浩史(羽場裕一)の言うコトにゃあ
おいおい~っ なに言っちゃってんの~っっ と 思うばかりだし(男って ああいうもの?) 
こんな夫と折り合いをつけていくのは・・・ チョッと・・・難しいわよねぇ。
「寂しいのは怖い。一人は怖い。」 と 
離婚に切り出せないでいる自分の気持ちの奥底にあるものを知った千波(草刈民代)と
そんな千波の言葉を 切なそうに聞く京子(磯野貴理子)の様子が印象的。
王子とのアレコレも楽しくはなってきたけれど ベッタベタな設定の王子が絡んだエピソードだけじゃなく
このような想いも しっかりと描いていってくれると より楽しめる気がするわねぇ。

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ランキングに参加中です。共感していただけるトコロがありましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

よる☆ドラ 眠れる森の熟女 第1回  *感想*
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 息もできない夏  第10話... | トップ | トッカン 特別国税徴収官 ... »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
長文ごめんなさい。。 (リプル)
2012-09-12 18:06:02
コメディタッチでありながら色々と考えさせてくれるドラマです。
初回から引き続きテンポ良く進むストーリー、設定したキャラが思い通りに動く。
千波の手紙文面をうまく使いつつ、支配人室黒王子様宛て(笑)への朗読に繋げる展開は
カメラワークに無駄が無く、間延びしない30分に仕上がっています。

千波(草刈民代)の表情がとても豊かでイイ感じです。
人生の荷造り整理をしながら涙に暮れる熟女二人。
タイトルの熟女ってのは千波だけでなくここに登場する”熟女たち”なのかも。
熟女に当てはまるのかこれまた微妙ですが、壁からこっそり覗き見する家政婦もとい左時枝。(笑)
スタッフはツボを心得ております。

すぐに離婚に切り出せない千波の想いには 成人していない息子も影響しているのでしょう。
離婚しないの?なんて口では言ってはいますが内心はして欲しくないってのが息子の本音。
引越し後の息子の言動にも強く表れています。
親に離婚して欲しいなんて思う子供はいないハズです。
このあたり、浩史(羽場裕一)の息子への想いの描写がない(わざと?)ために、
自分の母親のためだけには気を使うという駄目っぷりがしっかり描写されているために、、
視聴者側の(男への)批判をすべて受けるハメになるのですが。

普通は互いを尊重しながら穏やかな老後へ、、と願うはずです。
晩飯が用意されているなんて天国ですから。
破滅の順番的には晩飯が用意されないってのが第一歩。(苦笑)
今回は銀行マンのストレスから生じた 現実逃避と思えなくもないですが、
男から見ても決して擁護出来ないし次週以降しっぺ返しを食らうこと間違いなし。
視聴者要望?に応え スカッと食らってもらいたい。(爆)

・・・黒王子様の背景も明らかになってきました。それに負けじと黒王女様。
王女様あたりは適当に流すのかな?
王子の現時点の精一杯の毒?”人の一生は曲がり角だらけ”
曲がり角というキーワードに敏感に反応する千波。可愛い。所々はさむコントに笑えます。
偉人の名言に裏打ちされた打算的考えは経営者としてはそれはそれで優秀なのかも。
シーンに合っているかどうかは別にして
個人的には王子様の座ってる椅子が古臭くなくカッコよくて好きです。
リプル さま (Lee)
2012-09-12 18:48:45
コメントありがとうございます♪

あらぁ リプルさんも浩史のコトは擁護できないですか。
夢のようなコトを 言っちゃってますよねぇ 浩史さん。
どんな風に 彼がしっぺ返しを食らうコトになるのか かなり楽しみ♪
王子のお顔が幼すぎて どうも好みじゃなくて(俳優さんは嫌いじゃないのだけれど)
ロマンスパートは イマイチ楽しめないのが残念なのですが
それでも 初回よりは王子に魅力を感じてきているので
このアタリは 回を重ねるごとに楽しめそうな気がしてきました~。
Unknown (リプル)
2012-09-12 19:41:00
>どんな風に 彼がしっぺ返しを食らうコトになるのか かなり楽しみ♪
Leeさんの楽しみが増えて良かったです。(^^)
・・・天国から真っ逆さま。(爆)
女性スタッフも楽しんで(地獄に)落としますよね、きっと。
リプル さま (Lee)
2012-09-13 07:17:46
多くの女性視聴者も同じように思っているのかもしれないですね。
森口瑤子さんが好きなので 出番が多いと嬉しいなぁ。
Unknown (リプル)
2012-09-13 08:07:33
あえて、唯一、男性側を擁護するならば、、春子(森口瑶子)が部屋で取ったあの行動。
缶コーヒーのCMにあるように男は単純な生き物なので、
”弱さを見せまい”と努力している女性にはとても弱い。
たとえそれがフェイクだとしても、フェイクに気付いていたとしても、、
・・・おそらく乗っかります。(浩史はそれに気付いてなさそうなタイプですが。)
自分が守らなければという”変な使命感”が。(苦笑)
かといって必ずしも浩史を擁護してる訳じゃないんですけどね。(汗)
Unknown (ラムネ)
2012-09-13 09:50:56
やっと今、見終えました。
このドラマは、今期一番ハマるドラマとなりそうです。(笑)
今回性格の悪そうな人物がまた増えて、さらに楽しいです。
千波のような、世間知らずで、天然で、ひねくれてなくて、ひたむきな主人公にも、かなり好感がもてるし、ダンナの浮気相手の同級生が嫌な女かと思えば、そうでもなくて逆にダンナがちょっとマヌケに見えてくるところも面白いです。
森口瑤子さん、私も好きな女優さんですよ。
今後、千波と王子がどんな風に心が惹かれあうのか、ビジュアル(年の差)のハンディを超えて観られるのか、楽しみですね。

Leeさん、コメント欄お借りします。
>リプルさんへ
「つるかめ」のところでは、コメントありがとうございました。
今回の「眠れる」も、ウンウンとうなずきたくなる考察に、勝手に楽しませていただいてます。
リプル さま (Lee)
2012-09-13 17:55:07
あのCM・・好きです 私。 なるほど~ 男性は単純・・というコトですね。
30年以上ぶりに再会だとか 初恋の相手だとか 分厚いフィルターを通して 女を見ちゃってるアタリがなんとも・・・。
でも コレは男も女も関係ないですねぇ・・・。なんか盛り上がっちゃうんでしょうねぇ・・・。
ラムネ さま (Lee)
2012-09-13 18:04:31
コメントありがとうございます♪

性格悪い人・・登場してきましたねぇ。 
ねっとり女王・横山様には 是非とも今後も活躍していただきたい。

うんうん♪浩史さんったらマヌケに見える~♪ 
夫としてはどうかと思うケド 妙に哀愁も漂っていて キャラとしては気に入ってます。

王子のキャラにも魅力を感じられるようになってきたので
私も 今後の二人がどうなっていくのか 楽しみながら観られそうです。 
 

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL