Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

BS時代劇 塚原卜伝  最終回  *感想*

2011-11-15 | 秋ドラマ(2011) 感想
* 塚原卜伝 「卜伝見参」 *   番組HP

勘助が新右衛門(堺雅人)を尋ねてくるアタリや 平賀(風間杜夫)の手紙のくだりなど
いかにも最終回っぽいまとめに入ったような中盤の展開には 少々物足りなさを感じるものの
その まったりとした中盤を脱してからの展開には ぐぐっと引き込まれてしまったわぁ。
“和を尊ぶ平法の剣”を極めるために回国修行をする という新右衛門の意思だとか
「鹿島の太刀は守りの剣。突き詰めれば、その極致は戦わずして勝つこと。」 という彼の理念だとか
正直 難しすぎてアタシにはいまひとつピンとこないトコロもあるのだけれど
新当流開祖・塚原卜伝の誕生を目の当たりにして 
「若、よくぞここまでに・・・。」 と 左門(平岳大)と共に喜びたい気持ちにはなるわねぇ。
剣への情熱 清らかな心 高い理想 好奇心を持ち合わせた塚原卜伝は 
これからどんな境地を切り開いていくのか 彼の活躍をいつまでも見守っていたくなる最終回だった。
(左門さんは“嫁を迎える最後の折”を逸してしまったわねぇ。)

 
 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ただいま ランキングに参加しています。
チラリと共感していただけましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪

 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

BS時代劇 塚原卜伝  第一回  *感想*
BS時代劇 塚原卜伝  第二回  *感想*
BS時代劇 塚原卜伝  第三回  *感想*
BS時代劇 塚原卜伝  第四回  *感想*
BS時代劇 塚原卜伝  第五回  *感想*
BS時代劇 塚原卜伝  第六回  *感想*
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南極大陸  第5話  *感想* | トップ | ビターシュガー  第4話 ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL