Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

サマーレスキュー~天空の診療所~ 第3話  *感想*

2012-07-23 | 夏ドラマ(2012) 感想
* 「母のいのちを救え」 *

向井理さんは 親思いの心優しき青年といった役が似合うわねぇ。
悦子(中田喜子)の元に少しでも早く駆けつけたいと焦るように山を降りる様子だとか
悦子を心配させないように言葉を選びながら手術のことを話す表情
母が弱音を吐かないことを知っていながら 母の体調の変化に気付くことができなかった後悔・・などなど
向井さんの魅力を楽しむことができたことは良かった。
悦子のエピソードと山のエピソード・・というふうに ストーリーが分割されてしまうのが好きじゃなかったので
(タイトルが“サマーレスキュー~天空の診療所~”なのだから 山でのエピソードをじっくり見たい~っ。)
思っていたよりも早く 悦子のエピソードを終結させてくれた展開にも満足。
ただ 初めての辛い経験や 佐藤朋子の手紙などを通して 
今の自分に必要なこと 今の自分が真にやりたいことを速水(向井理)が見つけるという流れは
それなりに面白かったとは思うものの ここは もっと深く速水の心境の変化を描いてほしかったと思う。
自分の考えを変えてしまうほどの大きな体験を速水はしたのだ・・ということは分かるものの
彼がそのような思いへと変化する様は 呆気ないほどにあっさりとしていたように感じてしまう。
(“サマーレスキュー~天空の診療所~”を描くドラマに わざわざ母のエピソードをぶち込んだというのに~っ。)
まあ これでやっとこさ本編に突入・・といったコトなのだろうし 次回からの山のエピソードに期待していきたい。 

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ランキングに参加中です。共感していただけるトコロがありましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

サマーレスキュー~天空の診療所~ 第1話  *感想*
サマーレスキュー~天空の診療所~ 第2話  *感想*
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ビューティフルレイン 第4... | トップ | 息もできない夏  第3話 ... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
サマーレスキュー続きが気になりますね (ミツ)
2012-07-24 01:12:25
ポチっとしときました
うーん (uumika)
2012-07-24 09:17:55
何だか私はあまり面白くないなって。。xx
向井さんの表情や今後の活躍は応援したいの!

あと、もっと周りにいる配役がコメデイアスなシーンを増やすと良いかなあ。
シリアスばかりじゃ、ダメだな。
ミツ さま (Lee)
2012-07-24 17:01:40
コメントありがとうございます♪

ミツさんのサイトにコメントしたかったのですが 上手くいかず・・・・。
サイトの運営 頑張ってくださいね♪
uumika さま (Lee)
2012-07-24 17:08:45
コメントありがとうございます♪

お気に入りの俳優さんが出演しているのに 満足できる内容じゃないと 残念な気持ちになっちゃいますよねぇ。
いつ面白くなるのか・・と期待しながら 毎回観ているのですが
今のトコロ 面白い~っ とは言えないコトが私も残念。
でも 好青年な向井さん・・は楽しめました~。
Unknown (あゆ)
2012-07-25 17:41:21
 手厳しいですね(^0^)向井君に親思いの優しい役は似合わないなんて。 ま・・分かる気はしますが(笑)  
 今回の話は 小説通りの展開でびっくり!! もっと替えてくるかなって思ってたから。でも ようやく 本編開始って感じになりましたね~。 山の診療所であろうと、最新設備の整った病院であろうと すべての患者を救えない! でも その中で最善を尽くすのが医者の勤めというという事がわかった速水先生の今後が楽しめるといいんですが♪   
あゆ 様 (Lee)
2012-07-26 07:05:31
コメントありがとうございます♪

私は イマドキのイケメンを演じる向井さんよりも
こういう 真摯な好青年な役を演じる向井さんの方が好き。

今回は小説と同じ展開ですか~。
なんか いまひとつストーリーに入り込めないというか キャラに愛着が沸いてこないというか・・
ずっと様子見状態が続いているような感じなので
本編でググッと引っ張っていってくれるコトを期待しています♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL