Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

ペテロの葬列  第11話(最終回)  *感想*

2014-09-17 | 夏ドラマ(2014)感想
* 「最後に罪を犯すのは誰?衝撃の秘密」 *

バスジャック事件のエピソードのほうは、パタパタパタっと終わってしまうのね。
そして、がっつりと、杉村(小泉孝太郎)と菜穂子(国仲涼子)の関係を描いてくるのね。
バスジャック事件のエピのほうは、もう少し広がりを見せるのかと思っていたので
少々呆気ない幕引きのようにも感じてしまったのだが
杉村と菜穂子のエピソードのほうを、じっくりと、しっかりと、見せてもらえたことには満足。

いやぁ、、それにしても、、人の気持ちって分から~んっっ。
あんなに幸せそうなのにねぇ
あんなに裕福な暮らしをしているのにねぇ。
何でだろうねぇ。
っていうか、菜穂子さんの橋本(高橋一生)への想いは、あの程度のもんだったのねぇ。
もう少し熱い想いを抱いているのかと思ってたよ~。
なんか、よう分からん心情だわぁ、、と、チョッとお手上げ状態だよ。

まあ、菜穂子自身も、自分の気持ちがよく分かってないトコロもあるようだし、、
杉村が今の生活から逃げ出していってしまうような不安を抱えていたり、
犠牲を払ってでも、杉村を解放してあげたいという、屈折した想いを抱いていたり、、
自分を変えたいという欲求や、自分自身の力で生きていきたい願望や憧れを持ち続けていたり、、
グチャグチャグチャっとしたもんを、菜穂子が持て余していた状態だったコトは理解できたよ。
9話と11話で描かれていた小夜子(安蘭けい)の描写も効いてたわよねぇ。
杉村の目には、菜穂子が一族の一員として馴染んでいるように思えたかもしれないけれど
菜穂子は菜穂子で、やっぱり色々と感じるコトや思うことがあったのかもしれない、、と思わせてくれるよね。

さあ、、こうなってくると、イロイロと身軽になった杉村が、どんな問題に首を突っ込んでいくのか、、気になるわよねぇ。
主人公の環境にこんな大きな変化を生じさせたというコトは、
宮部さんは続編を書く気満々よねぇ、、きっと。
小泉幸太郎さんが演じる杉村を、またいつの日か観てみたいなぁ。
 

 最後まで読んでくださり ありがとうございます  
チラっと共感していただけましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪  
<ドラマ感想>
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

名もなき毒  第11話 (最終回)   *感想*

ペテロの葬列  第1話  *感想*
ペテロの葬列  第2話  *感想*
ペテロの葬列  第3話  *感想*
ペテロの葬列  第4話  *感想*
ペテロの葬列  第5話  *感想*
ペテロの葬列  第6話  *感想*
ペテロの葬列  第7話  *感想*
ペテロの葬列  第8話  *感想*
ペテロの葬列  第9話  *感想*
ペテロの葬列  第10話  *感想*
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 植物男子ベランダー  第1... | トップ | 若者たち2014  第10話 ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ラムネ)
2014-09-18 15:32:15
なんだかスッキリした満足感はなかったけれど
いつも、いい人キャラだった杉村が
初めて自分の為の人生を歩む姿は、
(まさかの間野をしかと・・・とか)
やはり爽やかと言えるのかもです。(笑)
また続編が観たいですね♪
ラムネ さま (Lee)
2014-09-18 17:29:25
コメントありがとうございます♪

あのシカト・・キッパリしてましたねぇ。
杉村っぽくなくって、チョッと違和感(笑)。
でも、印象的ではありました。
続編観たいですよねぇ。
いつかまた、杉村に会いたいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL