Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

ドラマ 「ナオミとカナコ」  第2話 *感想*

2016-01-23 | 冬ドラマ(2016)感想
番組HP

いやぁ、、怖いわぁ。
なんだろう、、全体的に緊張感タップリなんだよねぇ、、このドラマって。
達郎(佐藤隆太)の暴力シーンはもちろんのこと、、
斎藤様(富司純子)のクダリまでもが同じような緊迫感で描かれているもんだからさ、、
あたしゃ、息つく暇なかったよ。
いや、しかし、、
斉藤様のご状況をあんなに衝撃的に描いているのには、ちゃんと理由があるのねぇ。
林さん(佐藤隆太)に続き、齊藤様も、重要なパーツなのねぇ。

達郎の暴力も凄まじかったなぁ。
なんていうのかしら、、
前回、今回と、様々なバリエーションで達郎のDVを見せてくる感じが恐ろしいよねぇ。
様々な達郎の暴力、、
いつ、どんなコトでキレてしまうか分からない怖さ、、
我儘で、傲慢で、執拗で、冷酷で、支配欲にまみれた達郎の性質、、
達郎から逃れるには、もう殺すしかないのだと、
直美(広末涼子)と加奈子(内田有紀)を追い込んでいくだけの異様な状況を見せてもらった気がするよ。
追い込まれた二人が、どのような道を進んでいくことになるのか、気になるよ。


チラっと共感していただけましたなら、ポチっとよろしくお願いします♪
<ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ドラマ 「ナオミとカナコ」  第1話 *感想*
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドラマ 「ちかえもん」  ... | トップ | ドラマ 「わたしを離さない... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL