Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

BS時代劇 塚原卜伝  第五回  *感想*

2011-10-31 | 秋ドラマ(2011) 感想
* 塚原卜伝 「最強の敵」 *   番組HP

最強の敵・奥津源三郎(榎木孝明)と新右衛門(堺雅人)・・睨み合う二人の一触即発な空気のなかに
山本勘助が割り込んでくるという唐突さに コントなのっ!?と突っ込みたくなった第5話。
いやぁ・・・「勇者ヨシヒコと魔王の城」の山賊シーンを思い出す唐突さ・・・ツボだわぁ。

お前は若い頃の俺そのものだと主張し 「いずれお主にも分かる」のだと嫌らしい予言をする敵と
「俺はお前とは違う。」のだと まっすぐな志を抱く主人公・・という 
少年漫画などでよく見かける設定で見せてきた今回。
私が最も印象に残っているのは 幾度も幾度も若に進言する左門(平岳大)の様子。
「いささか慢心がすぎませぬか?」
「恐らく血に酔ってしまったのでしょうな。もし道を間違えば、若もいずれあの男のように。」 
「人を幾人も殺めているうちに、あやつは己の中の心の闇に飲み込まれてしまったのではないでしょうか。」 などなど
いつも若に振り回され気味な左門の活躍を 存分に見られて満足。
ただ “ 人は誰しも心の中に闇を抱いている ”という左門のお言葉と 物忌(江波杏子)の言葉が 
まるまる被っちゃってるコトが残念。 物忌の占いなんかよりも(人生経験に基づいたありがたいお言葉だとは思うケド) 
新右衛門の傍にずっと仕える左門のお言葉のほうが ずっと説得力があると思うので
そこはやっぱり 物忌様には自重していただきたかったわぁ。


 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ただいま ランキングに参加しています。
チラリと共感していただけましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪

 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

BS時代劇 塚原卜伝  第一回  *感想*
BS時代劇 塚原卜伝  第二回  *感想*
BS時代劇 塚原卜伝  第三回  *感想*
BS時代劇 塚原卜伝  第四回  *感想*
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南極大陸  第3話  *感想* | トップ | ビターシュガー  第2話 ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL