Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

よる☆ドラ 眠れる森の熟女 最終回  *感想*

2012-10-31 | 秋ドラマ(2012) 感想
* 「熟女が目覚めるとき」 *

色んなコトを まとめてきた~っっ・・ そんな印象が強い最終回。
千波(草刈民代)と祐輔(瀬戸康史)のコトだけでなく 麻美(朝倉あき)のコト
あんまり登場してこなかった諒一(榎木孝明)と玲子(横山めぐみ)の想いまでも詰め込んで(チョッピリだけど)
チョッとまとめにかかりすぎというか・・ いかにもな最終回的に収束されているというか・・
そんなトコロが 少々拍子抜けしちゃうのだけど まあ 気持ちよくまとまっていたんだからいいか~。
「愛の無い結婚は覚悟したより辛いものよ。」という玲子の言葉に
「諦めたことを後悔する辛さより、一緒にいて味わう辛さのほうがましです。」という麻美の言葉
夫を奪われた妻の想いをぶちまける千波に 妻子ある男と不倫する女の想いを語る春子(森口瑤子)
しまいにゃあ かける(松岡広大)まで 「男と女は正論で片付くもんじゃない。」などと
登場人物たちが 恋愛ハウツーものかっ などと思いたくなるようなコトを語りすぎな気もするけれど
かけるちゃんが 父親に向かって大人びたコトを言っちゃうトコロは面白かったし
麻美の覚悟や意思の強さ その後に見せる不器用な麻美は かなり魅力的だったので もう いいか~。
千波と春子の会話は とても気に入ってるし・・。 
「私達、なりふり構わず幸せになろうよね。」 という千波の言葉なんて ホント好き。
私も 強く 逞しく 図々しく 楽しんで生きていこう・・などと思いたくなる。
それにしても 最後は あんな終わり方になるのねぇ・・。 これはチョッと意外。
でも 最善の終わり方のように思えちゃうわねぇ。
千波と王子が交際していく姿は やっぱりどうもピンとこない私のような視聴者も
千波と王子のラブストーリーが進展していくことを期待していた視聴者も 
そのどちらも満足させるように思える終わり方だったなぁ。

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ランキングに参加中です。共感していただけるトコロがありましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

よる☆ドラ 眠れる森の熟女 第1回  *感想*
よる☆ドラ 眠れる森の熟女 第2回  *感想*
よる☆ドラ 眠れる森の熟女 第3回  *感想*
よる☆ドラ 眠れる森の熟女 第4回  *感想*
よる☆ドラ 眠れる森の熟女 第5回  *感想*
よる☆ドラ 眠れる森の熟女 第6回  *感想*
よる☆ドラ 眠れる森の熟女 第7回  *感想*
よる☆ドラ 眠れる森の熟女 第8回  *感想*
ジャンル:
ウェブログ
コメント (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 遅咲きのヒマワリ~ボクの人... | トップ | ゴーイングマイホーム  第... »

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (リプル)
2012-10-31 07:51:50
他の方の生き方は詳しく書かれてるので自分は推しメンの杉浦さんを。
「人と生きるで人生」by杉浦。
“父親でございます”なユーモラスな発言に少々ビビッてしまったのだけれど(笑)、
扉の前で意味深に立ち止まるその姿は“まさか?”とも思わせる描写でした。
・・・杉浦さんのその後が気になる。(笑)

Leeさん同様に気持ちよくまとめ過ぎというか、八方美人的な感じも無きにしも非ずですが
それぞれを何も触れないで終わらせない形にしたのは最終回として良かったかな。
実力のあるお方を要所に置いたのはこの最後の短い時間で納得させるためだったのかも。

・・・その過ごしてきた人生の裏には後悔も何もかもが詰まっている。
人を見返すために生きる人生よりも、これからは自分自身のために生きると決めた王子。
その姿は父親(・・・本当に?)に笑みを浮かばせるほどにたくましく。

最後の手紙が自筆じゃなく打ち込みってのが自分(自筆世代)には至極残念、、と思ったら
追伸が自筆でした。
浩史とのだるま屋の様子が面白かったなぁ。春子にも焦らずに幸せになってもらいたいです。
リプル さま (Lee)
2012-10-31 18:16:12
コメントありがとうございます♪

やっぱりリプルさんの推しメンは杉浦さんでしたか(笑)。
杉浦さんのクダリも感想に書きたかったのですが 上手い具合に入れるトコロが見つからず・・ 時間も足りず・・
きっとリプルさんがコメントで触れてくれるだろうから も~う 杉浦パートは省くか・・ などと 思った次第です。
杉浦さんが つらつらと自分語りを始めちゃったときにゃあ
え~っ ただでさえ韓国ドラマチックな王子の設定を 最終回でさらに韓国ドラマチックにしなくっても~っっ
などと 正直かなり不満が湧き上がってきたのですが 面白いオチをつけてくれて イロイロと楽しむコトができました。
杉浦さんの あの表情・・ かなり面白かったです。 おまけに可愛らしい♪
本音も混じっていたのだろうなぁ・・などと感じられる演出も良かったです。

王子の追伸も良かった~。
想いを伝え合うことができる相手がいるって素敵ですよね。
Unknown (ラムネ)
2012-10-31 18:33:17
私としては、大満足な最終回でした。(笑)
杉浦さんの突然の告白に、「はぁ~!」とテレビの前でひとり叫び、「なんちゃって」には「おいおい!」って思わずつっこみました。
杉浦さん、最後にやってくれましたね。(笑)
その熱い思いが王子に響き、最後には父諒一の前で鎧を脱いで堂々と正直に自分の気持ちを話せたました。杉浦さんは立ち聞きしてくれたかな?
玲子と麻美のシーンでは、玲子が以外に悪い女じゃないこともわかりました。
麻美も王子の前で、鎧を脱ぎましたね。よくがんばった。
浩史も失ったものの大きさと自分の幼稚さに気付き、でも千波を気遣う優しさで、少し株を上げて終わりよかったです。
千波と王子、浩史と春子、王子と麻美、誰もカップルにはなれなかったけれど、それぞれが成長しハッピーエンドとなりました。
最後の最後、だるま屋のシーンはホント面白かったですね。>リプルさん
お蕎麦が食べたくなりました。(笑)
Unknown (リプル)
2012-10-31 19:24:03
>王子の追伸も良かった~。
短いメッセージには自分自身への決意も込められていましたね。
本当の意味での“出会いと別れ”が出来る大人の男に。。人間的にも成長しました。
それは杉浦さんにとっては嬉しくもあり悲しくもあるといったトコロなのでしょう。
父親にも似た感覚。・・・疑惑はちょっとだけ残りますが。(まだ言う。笑)
もしコーヒー飲んでたら吹き出すところでしたよ~。おそらく全国に何人か居たと思います。

千波は「ま、いっか」と自然に言えるほどに逞しくなった。決して強がりでなく。
長く深い眠りから覚めた千波のリスタート。
たとえそれが王子でも王子でなくても千波は本当の王子様を探せることでしょう。(ちょっとややこしい)
・・・かける君も応援してくれてることだしね。

最後の最後でかなり頑張っていたので個人的に麻美を応援したいです。
色んな想いを込めながらあれだけのハートクッキーを焼いたのだから。ちょっとしょっぱいかも。(泣)
浩史はというと、、いつの間にか地上に戻って来て現実の世界に。
さすが天国の効果?、以前と違ってなんだか心が洗われているような気も。(笑)

短い放送時間にもかかわらず、良くもまあこれだけ詰め込んでくれたとスタッフに感謝したいです/

Leeさん、コメント欄少々お借りします。
>ラムネさんへ
神出鬼没の杉浦さんのことなのでたぶん立ち聞き(盗み聞き?)してましたよ。(笑)
浩史が自然とイイ人になってしまうので“だるま屋のシーン”を最後にもって来るのはある意味反則ですよね。
でも、とっても良かった。
誰もカップルにはなれなかったのにハッピーエンドで終わるなんて最高です。
ラムネ さま (Lee)
2012-10-31 19:55:28
コメントありがとうございます♪

ラムネさんも 杉浦さんの あの告白に突っ込みましたか(笑)。
あれは 突っ込みたくなりますよねぇ。 ホント杉浦さんにゃあ やられました。

麻美ちゃんは ホントよく頑張りましたよねぇ。
最終回で あそこまで麻美を魅力的に描いてくれると 
もっと前から麻美の描写をたくさん観てみたかった~などと思っちゃいます。
登場人物が魅力的で 毎週 観るのが楽しみなドラマでした。
リプル さま (Lee)
2012-10-31 20:08:25
どうしても 女性陣のほうにばかり興味がいってしまいますが
リプルさんが書かれているように 王子の成長も楽しめたドラマでした。
杉浦さんがいたからこそ・・ 杉浦さんのお力なくしては・・ といった感じですが。
ドラマと関係ないのですが 瀬戸さんって髪型で随分顔立ちが変わるというか・・
このドラマに 日曜の管制官ものドラマ Eテレで放送しているお菓子の番組・・ どれも 違った印象です。
そして Eテレの彼が一番可愛らしいと思います(笑)。

浩史さん・・心洗われてましたか(笑)。
復縁はないとは思うけれど 千波との関係は切れないといいなぁ・・
かけるのことで 互いに相談しあえる関係が築いていけるといいなぁ・・ などと思いました。
 
Unknown (リプル)
2012-11-01 07:02:49
管制官ものは未視聴 お菓子番組はごくたまに観る程度なのですが、
確かに瀬戸くんは髪型で変わる印象です。先日バラエティに番宣で出てた時には髪を立てていて、
体型は明らかに違うのだけれど一見ブラックマヨネーズの小杉氏に見えました。(失礼!)

>Eテレの彼が一番可愛らしいと思います(笑)。
好みが分かっちゃいますよ。(笑)
固定された顔があるのもいいけれど、
髪型で役を簡単に使い分けられることは俳優にとって有効な武器なのかも知れないですよね。
これまた映画の番宣で最近 草刈民代さんを各所でお見かけするのですが、
喋りも顔だちも千波とは全く違う印象で女優さんってすごいんだな、と改めて感心させられました。

たぶん復縁はないでしょうね。でもかける君が良い橋渡しになると思います。
浩史が引っ越しを決めたことって、、無駄だとは判っているけれど
実は春子と共有できる思い出をイチから作りたい一心だったからかも知れません。
Unknown (ラムネ)
2012-11-01 14:13:08
こうして、終わってからも次から次から語ることがあるってことは、面白いドラマだった証拠ですね。(笑)
私も浩史は情けない男の典型だと思ってましたが、ふられた春子に執着(ストーカーのように)せづ、ちゃんと距離をおくこが出来ていましたから、まんざらバカじゃない(ごめんね)浩史も幸せがいつか来るような、うれしくなるラストでした。
杉浦さんも大活躍でしたが、ホテルメイドの先輩(左時枝さん)の存在も、千波にとっては大きい存在でしたね。
とっても元気になれるドラマでした。(笑)
好評だったら、その後ってことでスペシャルドラマが出来てほしいですね。
リプル さま (Lee)
2012-11-01 19:35:23
ブラマヨの小杉さんですか(笑)。 チョッと見てみたかったです。
草刈さんは やっぱり映画の宣伝のときのほうがお綺麗ですねぇ。
ご夫婦が仲良さそうなところとか ご本人のサバサバした感じだとか とても素敵。
実は・・・ 今までは草刈さんの演技があまり好きじゃなかったのですが・・・
このドラマで初めて 彼女の女優さんとしての魅力に気付くことができました。

なるほど~ 浩史の引越しには そんな男心があったかもしれないですね。
ラムネ さま (Lee)
2012-11-01 19:41:03
うんうん いいドラマだったということですね~。
まんざらバカじゃない・・って(笑)。
浩史と春子の距離感・・ ホント良かったですね。

そうか~ 左時枝さんも いい味を出してましたもんねぇ。
ベテランの方が脇でしっかり支えていたのも このドラマの魅力ということですね。
Unknown (リラ)
2012-11-01 22:23:06
最後の千波さんの「ま、いっか」はどういう意味だったんでしょう?
ノベライズ版にはそのセリフはなかったので、気になって…
最終話はちょっと駆け足過ぎて、あと一話分のゆとりは欲しかったかなぁと個人的には思いました。
でも、本当に良いドラマでした。
リラ さま (Lee)
2012-11-01 23:09:16
コメントありがとうございます♪

ノベライズ版があるんですねぇ。 知りませんでした。
千波の「ま、いっか」・・ 正解は分かりませんが 
深く考えても仕方が無い・・  気持ちの赴くままに生きていこう・・ そんな感じでしょうか。 
はじめまして (緑姫)
2012-11-02 01:25:00
「ま、いっか」について、私はこう解釈したんです。千波は『最後に…』と手紙を書き始めてますよね。これはきっと、もうこれが最後の手紙になるかもしれないという気持ちがあったんじゃないかと思うんです。『手紙の向こうのあなたに恋をしていました』と書けた事で、千波の中では何かふっきれたような気持ち、完結した気持ちさえあったのかなと。ところが祐輔は『また手紙を下さい。僕も書きます』と。これを読んだ千波は、まさか祐輔がそう書いてくるなんて、(新たな文通が始まるなんて)想定外だったのではないでしょうか? そんなつもりがなかった千波、一歩踏み込んできた祐輔、ということで、「まあそれもいいか」と、大人の女性ならではの柔軟性と余裕を感じました。 (つまり、どちらかというと、積極的になっているのは現時点では祐輔の方って事かなと思いました。)ノベライズとは千波の印象も、祐輔への気持ちも、若干異なっている事が興味深いですよね! ノベライズとはニュアンスの異なるラストに、続編の可能性を感じるのは私だけでしょうか!?
Lee様 (リラ)
2012-11-02 06:13:43
そうですね。あの千波さんなら、気持ちの赴くまま~ですね(笑)
ありがとうございました。
もう一回最初からじっくり観たいなぁ…
緑姫様 (リラ)
2012-11-02 06:27:58
確かに千波さんの手紙には「最後に」ってありましたよね。でも祐輔さんは「最後に」はしたくなかった(笑)せっかく鎧を脱げる相手が見つかったのに、終わりにはしたくないですよね。千波さん、そんな祐輔さんの気持ちを「ま、いっか」とあっさり大人の余裕で受け止めてあげるなんて、なんかカッコいいです。
ドラマとノベライズ、ちょっと違うところもありますが、どっちも好きです。
ドラマは続編期待ですね。続編とまではいかなくても、特別編みたいな感じで。千波さんと祐輔さん、春子さんと浩史さん、京子さん、麻美さんのその後みたいな感じで。で、みんなが幸せになってるのがいいです。
コメントありがとうございました
緑姫 さま (Lee)
2012-11-02 07:10:38
コメントありがとうございます♪

ホント大人の余裕ですねぇ。
様々なことを体験することで そんな大人の余裕を持つことができたのかもしれないですね。
ふっきれたというか・・ 開き直ったというか・・
年齢だとか 世間体だとか この先 彼と手紙をやり取りしていくことで 二人の関係がどうなっていくのか・・
イロイロ考えていても 人生は楽しめないですものね。
ノベライズ版とドラマで 千波の印象や想いが違って感じるというのは面白いですねぇ。
リラ さま (Lee)
2012-11-02 07:14:50
私も 最初っから もう一度じっくり観たい~っっ などと思っていたところです。
感想を書くドラマは とりあえず録画するのですが 感想を書いたら どんどん消しちゃうので 手元に残ってないの・・・。
もう一度じっくりと楽しみたい・・ そんな風に思わせてくれるドラマでしたねぇ。
Unknown (リプル)
2012-11-02 17:43:57
いつの間にかコメント数が。(笑)

千波としては確かに最後の手紙によって素直な気持ちを打ち明け 良くも悪くも完結していたのでしょう。
期待と不安半分が入り混じった最後の手紙。
「また、手紙をください。僕も書きます」
やり取りは継続することになるのでしょうが、それは千波が思っていたほど積極的な答えでも無かった。
“アプローチを待っている”半受け身のようにも聞こえます。(鎧無し祐輔としては頑張ったと思いますが。)
先に歩み出していた(正確には不意に押されて歩み出してしまったの方が正しいですが。)千波にとっては
格言に頼らずに自分の言葉で綴ってくれることに 最初の頃とは明らかに違う大人な頼もしさも感じてはいるけれど、
半ば強引にでも引っぱっていってくれるような返事も期待していた。
でも、そんなことで今更焦ってもしょうがない。 そういう思いで“まぁ、いいか”と。(笑)
自分はそんな風に感じました。
「大切なのは残り時間じゃなくて今を生きようと思う気持ちだから」by千波

届かぬ想いに身を焦がすってのが恋愛の醍醐味だとすると 逆に届いてしまうと消えてしまうものもあります。
そのあたり 言葉少なに観ている人の思いにゆだねるような描写にしたのは正解だと思います。
Leeさんと同じく見て消し派なので最終話以外はもう残っていませんが、ずっと記憶に残るようなドラマでした。
Lee様 リラ様 (緑姫)
2012-11-02 17:44:02
今日、1話から4話をオンデマンドで改めて観たら、王子ってここまで態度悪かったっけ? と、びっくりしました。 「面倒くさい女だな」とか・・・「女」呼ばわりですよー  なんだか新鮮で面白かったです。(笑)  ほんと、続編とまでいかなくとも、特別編、期待せずにはいられませんよねっ。 
緑姫様 (リラ)
2012-11-02 19:27:07
祐輔さん、最初はそんな態度だったんでしたね(笑)それがいつの間にかあんな切ない表情をするようになって…なんかカワイイですね(笑) やっぱり最初から通しでゆっくり観たいです。NHKの投稿欄も再放送、続編希望のコメントがすごかったので、期待してるんですよ~。
リプル さま (Lee)
2012-11-02 20:28:54
コメント欄が いつになく賑わってますよねぇ。 こんなに賑やかなのは「仁」の最終回以来のような気がします。
「まあ、いいか」 という短い呟きだけでも これだけイロイロ語り合えちゃうというのは
このドラマが それだけ魅力的だったということなのでしょうね。
リプルさんが書かれているとおり 記憶に残るドラマ・・ですね。
緑姫 さま (Lee)
2012-11-02 20:43:15
そうか~っ オンデマンドがありましたねぇ。 そして さっそくご覧になったワケですね。
王子は そんなに態度悪かったですか(笑)。
嫌な奴だったのは覚えていても 細かいコトは忘れちゃいますもんね。
登場人物のなかでも 王子の成長には著しいものがあったし。
続編を期待している方が多いんですねぇ。(リラさん 情報ありがとう♪) 
もしも 続編を作ることになるのなら じっくり ゆっくり 時間をかけて しっかりと仕上げた作品を見せてくれるといいなぁ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL