Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

つるかめ助産院~南の島から 第6回  *感想*

2012-10-03 | 秋ドラマ(2012) 感想
* 「母の想い」 *

やっぱり想いって 言葉にして伝えなくっちゃダメなのねぇ。 
まりあ(仲里依紗)と涼子(賀来千香子)を見ていると そんなコトを改めて感じるわぁ。
上手くいっていなかった母娘が きちんと想いを伝え合って少しずつ距離を縮めていく様子や
亀子(余貴美子)にしてもらったことと同じことを涼子にするまりあの様子 
まりあからの土産に涙する涼子の様子などなど 心温まるストーリーだった。
亀子のイメージアップ大作戦を実行する島民たちの様子だとか 
せっかくの作戦を イマイチ空気の読めないパクチーがぶち壊す様子など ユーモラスな展開も楽しめる。
特に理恵(麻生祐未)が良かったなぁ。
初対面の涼子にも遠慮無くグイグイと迫っていき 
戸惑う涼子のことなんかお構いなしに 会話を繰り広げていく理恵が可笑しくて可愛い。

涼子との関係も上手くいきはじめ 島でのお産も許されて 残すは小野寺くんとのコトだけねぇ
などと思っていれば 思いがけない事件発生。
前回アタリから 長老ったら やけにグイグイと亀子にアピールするわねぇと思いきや なるほど こんな展開になるのねぇ。 
次回が気になる・・・。 結局サッパリ分からずじまいのタコの話も少~し気になる。

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ランキングに参加中です。チラリと共感していただけましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

つるかめ助産院~南の島から 第1回  *感想*
つるかめ助産院~南の島から 第2回  *感想*
つるかめ助産院~南の島から 第3回  *感想*
つるかめ助産院~南の島から 第4回  *感想*
つるかめ助産院~南の島から 第5回  *感想*
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リセット~本当の幸せの見つ... | トップ | よる☆ドラ 眠れる森の熟女 ... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
涙が (あきんこ)
2012-10-04 19:58:14
この話、前回くらいから、涙が止まらないです。今の自分にはまってしまったんでしょうねー。 
中尾くんの、誰でも肩かすわけじゃないとか、彼と離婚どうするのとか、
なまってなければ、違う印象に感じてしまう言葉が、優しさとか温かさに満ちていて、
ほんと、切羽詰まってしまうような状態なのに微笑ましいとすら思え。

お母さんにお土産届けるシーンでは、
必死に自転車をこぐ姿が、魔女の宅急便のトンボに見えてしまい、ほんと癒やされました
あきんこ 様 (Lee)
2012-10-05 12:53:18
コメントありがとうございます♪ お返事が遅くなってしまって ごめんなさい。

魔女の宅急便のトンボ・・ ナルホド~っっ 分かる~(笑)。
サミー いいですよねぇ・・ 一生懸命で 優しくて ユーモラスで 可愛い♪
サミーの恋が どうなっていくのか・・・ 見守りたいです。

私は 涼子の涙を見て 堪えきれずにもらい泣きしてしまいました。
いい感じの雰囲気となってきているドラマなので 次回も楽しみです。
Unknown (ラムネ)
2012-10-05 22:25:36
遠慮しあって感情をぶつけ合う事ができないから、誤解が生まれるんですよね。
私は、涼子が持ってきた産着の場面で泣きました。
あとは小野寺君ですね。(笑)

また「赤と黒」言わせてください。
日本に舞台が移ってから、昔っぽい日本&日本人の描かれ方に、悲しくなってます。(泣)
あれほど執拗に焼酎欲しがる日本人いないでしょう。(笑)
これを今日、友達に言ったら「逆に日本のドラマで描かれる韓国は、これ以上だったのかもよ」と。返されたものは受け取らないといけないのかもしれません。
わけわかんない事書いてごめんなさい。(笑)
ラムネ さま (Lee)
2012-10-06 08:10:43
コメントありがとうございます♪

うんうん 産着のシーンも良かったです。

異国で描かれる日本って トンチンカンに映ることがありますもんねぇ。
同じコトを 日本でもやっているのかもしれないですねぇ。
個人的には 焼酎大好きな龍先生はお茶目に感じちゃいました。(少々アホっぽいけど)
ゴヌクとテソンとジェインが いい感じに絡みだしたので ストーリー的には楽しめました

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL