Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

ドラマ 「無痛 診える眼」   第10話(最終回)   *感想*

2015-12-17 | 秋ドラマ(2015)感想
為頼(西島秀俊)の大演説で魅せる最終回ね。

人間は醜い。
だが、諦めるつもりもない。
俺は、人間であることに絶望したくない。
恨みも、憎しみも、痛みも、悲しみも、乗り越えていけるのが人間だと思いたい。
悪意を向けられれば、報復せずに断ち切りたい。
無理かもしれない。
でも、死ぬまでそう思い続けるのが人間だと思いたい。
俺は、妻を失った悲しみを一生抱えて生きていく。
痛みは私だ。
そうだ。
それが生きていくといくことなんだ。
妻は人の最期というものを見せてくれた。
決して美しいものではない。
辛く、醜いものだ。
だが、そこから目を逸らしてはいけないんだ。
なぜなら、人とはそのような生き物だから。

などなど、、為頼の言葉が最終回で最も心に残ったことだったなぁ。

久留米(津嘉山正種)が自身の痛みを特別なものとして捉えている様子を見せられたときには、
その心情がいまひとつピンとこなかったというか、
難しすぎて、理解できずにいたのだけれど、
こうして、為頼の口から分かり易く語られると、納得はできるわねぇ。
納得はできる。
納得はできたよ。
だけど、私に為頼の言葉を受け入れるだけの強さがあるかな、、。
できるものなら、どんな痛みだって緩和したい、、忘れてしまいたい、、そう思ってしまうのは弱いかな、、。
そんな風にも思ってしまったなぁ。
たくさんの経験を積んできた医師であり、愛する妻を看取った夫である為頼の言葉は、
あまりにも説得力がありすぎて、とっても重く感じられたよ。

生きるということ、、
痛みと向き合う意味、、
痛みを抱えて生きていく覚悟と強さ、、
などなど、、
まさか、こんな深~いコトを考えさせる最終回になっていようとは、、思いもしなかったよ。


 最後まで読んでいただけて嬉しいです  
チラリと共感していただけましたなら、ポチリっ。お願いします♪
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ドラマ 「無痛 診える眼」   第1話   *感想*
ドラマ 「無痛 診える眼」   第2話   *感想*
ドラマ 「無痛 診える眼」   第3話   *感想*
ドラマ 「無痛 診える眼」   第4話   *感想*
ドラマ 「無痛 診える眼」   第5話   *感想*
ドラマ 「無痛 診える眼」   第6話   *感想*
ドラマ 「無痛 診える眼」   第7話   *感想*
ドラマ 「無痛 診える眼」   第8話   *感想*
ドラマ 「無痛 診える眼」   第9話   *感想*
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドラマ 「サイレーン 刑事×... | トップ | ドラマ 「遺産争族」  第... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (とことこ)
2015-12-17 12:30:18
ニシジドラマには、コメントせずにいられない、とことこです。
お久しぶりです。

最終回前まで、楽しみに見ていましたが、ミヤネヤ(宮根さん)が出てきた時に、フジテレビが、ドラマを大事にしてないのが伝わってきて、一気にテンションが下がりました。

最終回は、こういう終わり以外にないだろうなあとは思いますが、犯因症が見えた時点で殺意がわかるんだから 止められなかったのか、とか、窓に飛び込んだ後に、ニシジがした表情の意味が いまいちわからない、イバラを救う方法はなかったのかな、などなど 、モヤモヤもあります。

佐田の時も 為頼が すぐに追いかけない、イバラの時も、コートを取ってる時間に すぐに追いかけてよ~とか、なんか、どんくさいところもあるし、まあドラマなんですけどね。

あと ニシジに 必ず 、面目ない、を言わせてたのが、しつこかったですね。

痛みについて、いろいろ言ってましたが、結局は、実際自分が痛みを伴う状態(同じ立場)になってみないことには、どういう感情になるかは わからないですよね。

今までが いい流れだっただけに、一家殺人の原因からラストまでが、早すぎて、まだ頭が まとまらずにいます。

でも 一時間が早く感じたのは、今期、このドラマだけでした。

これくらいの声の張りのニシジが ちょうどいいなあ、と思いました。
とことこ 様 (Lee)
2015-12-17 14:31:07
コメントありがとうございます
とことこさん、お久しぶりですね~。

為頼先生へのツッコミ、笑っちゃいました。
確かに、鈍臭い感じはありますねぇ、為頼先生って。
イバラと白神の末路は呆気なかったですね。
為頼の大演説を描くための最終回、、
為頼と早瀬がどのように生きていくかを決意させるための最終回、、ってな感じがしました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
医療と刑事のMix (笑う社会人の生活)
ドラマ「無痛~診える眼~」を見ました。 フジにて 水曜10時からやってました これは面白かった と同時にかなり変わった設定と要素を感じ しかし それがリアルに描かれていて、その辺のさじ加減が巧みだったなぁと 無痛、見ただけでわかる診察眼、犯因症 という医療....