Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

東野圭吾ミステリーズ  最終回  *感想*

2012-09-21 | 夏ドラマ(2012) 感想
* 「再生魔術の女」 *

鈴木京香さんの魅力を堪能するドラマ・・ といった感じ。
美しくって 色っぽくって どこかミステリアスな章代(鈴木京香)が魅力的ねぇ。
ストーリー自体も 1時間の枠のなかでスッキリとまとまっている印象で 突っ込みドコロが見つからないわぁ。
よくもまあ そんなに都合よくコトが進んだもんだっ 
という 最大の突っ込みドコロが 実は突っ込みドコロではない・・というアタリも面白い。
ただ 好きなドラマでは決してないのよねぇ。
巧みな話術で根岸(小澤征悦)を追い詰めていく章代・・というのが このドラマの面白さなのだとは理解しつつも
少々饒舌すぎる章代のキャラには あまり惹かれない。
ラストの語りも 内容自体はもちろん面白いのだけれど 彼女の饒舌っぷりが少々鼻につくように感じてしまったし・・・。
根岸の自宅での 根岸と章代の掛け合いも このドラマの見せ場なのだと思うのだけど
登場人物たちのスリリングな会話だったら 私は「犯人のいない殺人の夜」の方が緊張感があって好き。 
まあ それでも 最終回にふさわしい見応えのあるストーリーだったコトには満足。
ナビゲーションパートに きっちり しっかりオチがついていたコトに大満足。
あのパートは 結構気に入っていたので 細切れにチョロチョロと放送されてしまうのがチョッと残念だったなぁ。
1時間もののドラマとして是非とも観てみたかったわぁ。
イロイロと文句を書いたり けなしてみたり 散々な扱いをしてしまったコトもあるけれど
試み自体は非常に面白かったし 実は毎回感想を書くのが楽しみではあった この東野圭吾ミステリーズ。
製作に関わったスタッフの皆々様・・ 楽しい時間をありがとうございました♪ 

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ランキングに参加中です。チラリと共感していただけましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

東野圭吾ミステリーズ  第1話 「さよならコーチ」*感想*
東野圭吾ミステリーズ  第2話 「犯人のいない殺人の夜」*感想*
東野圭吾ミステリーズ  第3話 「エンドレスナイト」*感想*
東野圭吾ミステリーズ  第4話 「レイコと玲子」*感想*
東野圭吾ミステリーズ  第5話 「甘いはずなのに」*感想*
東野圭吾ミステリーズ  第6話 「シャレードがいっぱい」*感想*
東野圭吾ミステリーズ  第7話 「白い凶器」*感想*
東野圭吾ミステリーズ  第8話 「小さな故意の物語」*感想*
東野圭吾ミステリーズ  第9話 「結婚報告」*感想*
東野圭吾ミステリーズ  第10話 「二十年目の約束」*感想*
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トッカン 特別国税徴収官 ... | トップ | つるかめ助産院~南の島から... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
完璧な展開 (uumika)
2012-09-22 09:38:15
面白かったですよ。ホント無駄がなく、完璧なストーリー展開。鈴木京香もキッパリした表情、知的な貫禄身のこなしが、本当上手ですね。
依頼人のダンナと絡みがあるのかと思いきや、、なしで進行。
最後に、実は作り話って所は、
こちらも見抜けずに、すっかり騙されてました。

小沢征悦も良かった。
奥さんの「この赤ちゃん、目があなたそっくりじゃない」って所とか。
あの赤ちゃんの人形みたいなキョトン顔、よく似てて良かったナ、、笑
あ、遺影になって、鈴木京香が弔問シーン・展開は凄すぎた。まあ、ドラマだから、仕返しも、その位しないとね。


3つ位見逃しちゃったので、再放送も楽しみにしています。
uumika さま (Lee)
2012-09-22 13:57:22
コメントありがとうございます♪

鈴木京香さんって存在感ありますよねぇ。
コミカルなドラマのお母さん役を演じられた後 久しぶりに出演されたドラマを観たような気がしますが
これぞ鈴木京香っ ってな感じでした~。

うんうん 小沢征悦さんも 心理的に追い詰められていく男の緊張感を好演されてましたねぇ。

様々なストーリーや演出を一話完結で毎週見せてもらって
この回はココが好き♪ だとか 今回はどうも好みじゃない・・ だとか
なんやかんやと感想を呟くのが楽しかったです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL