Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

ボーダーライン  第3回  *感想*

2014-10-19 | 秋ドラマ(2014)感想
* 「なぜ救うのか? 」 *

社会人としていかがなものかと思われる言動を繰り返す川端(小池徹平)は、とうとう上島(波岡一喜)と激しくぶつかるようになってしまうのねぇ。
反目しあう二人の様子は、この手のドラマにはありがちなもののようには思うものの、
ちょっとユーモラスな雰囲気も交えた二人の対立は面白かったよ。
反りの合わない二人が一つのマスクを交互に使用する様子や、
上島は川端の料理を食べることで、川端は夜食カンパに協力することで手打ちにするクダリも良かったしね。
「だから、ここに力を入れて、、、。お前がやれよっ!!」 という上島に思わず吹き出す。 いいコンビだよ。
手打ちシーンのほうは、広田直樹(F.ジャパン)がやたらと嬉しそうに二人を見ていたように、
私も思わずニマニマしてしまったなぁ。 

それにしても川端の率直な物言いや、誰に対しても変わらぬ態度は、慣れてくると、あれはあれで小気味良く感じられてもくるから不思議だ。
様々な体験を通じて、本来持ち合わせている魅力が少しずつ表に出てきたように感じる川端。
これからはどんな変化を見せてくれるのか、楽しみ。

 チラリと共感していただけましたなら ポチリと押していただけると嬉しいです♪   

<ドラマ感想>
 にほん1ブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ボーダーライン  第1回  *感想*
ボーダーライン  第2回  *感想*
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ぼんくら  第1回  *感想* | トップ | ごめんね青春! 第2話  ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
周りの人の役割 (LB56)
2014-10-20 03:48:48
お疲れさんまです。

まずは、伊藤さんの復帰祝!(^^)/

>ちょっとユーモラスな雰囲気も交えた二人の対立は面白かったよ。

その周りの雰囲気が、また良かったですね。

2人が喧嘩になった時、止めようとする松井(兄)を、制した蔭山がさりげなくカッコよかった。。。やらせとけ、みたいな。

広田の存在感は、場を和ませるというか、食事の時は、満面の笑みで、いいキャラだ~(笑)

結局は、楓が、上島の過去を川端に告げた事で、喧嘩はおさまりました。
上島の方も、川端の母に直接会ったし、多少理解したと思います。

相手を誤解するから、喧嘩になるわけで、
相手を理解するって、大事ですよね!?

とはいっても、当人は言いにくいだろうから、周りの人が、橋渡しにならなきゃいけないな~と思いました。
知らないで誤解してるって、もったいないですよね?;
でも、タイミングがあるのも、また事実(^^;

せめて、お互い理解した上で、喧嘩をしてほしい、な~んて思った次第です。。。
LB56 さま (Lee)
2014-10-20 06:43:16
コメントありがとうございます♪

そうですよねぇ。
相手を理解するって大事ですよねぇ。
周囲の人たちの協力も必要か~。

楓が気を配ってくれてるし、、
影山はカッコ良かったし、、
広田はなんかいい感じだし、、。
川端も上島も、いい人たちに囲まれてますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL