Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

昨夜のカレー、明日のパン 第6回  *感想*

2014-11-12 | 秋ドラマ(2014)感想
* 「蟻とオンナ」 *

自分と一樹(星野源)は住んでいる場所が違ってしまったことに気づくテツコ(仲里依紗)、、
私じゃなきゃダメだという人になること、街の一員になることを、目標に掲げる宝(ミムラ)、、
弟が皆から愛されていることを知り、自分も「オレの街で生きていく」と決心する冬彦(溝端淳平)、、

毎回同じ感じが続いていく感じがいい、、懐かしい場所に帰っていく感じがするのだという一樹、、
彼女を思い出し、この先何回もここに戻ってくるんだなあと思う虎尾(賀来賢人)、、
いつでも帰れる場所があることや、必要としている人たちがいることを知る朝子(片桐はいり)、、
「ただいまって戸を開けると、カレーの匂いがした」と、自分も和樹も良く知っている匂いに安心するテツコ、、

それぞれが、それぞれの場所で生きていくこと、、
自分が生きる場所を作っていくこと、、
帰る場所、、受け入れてくれる存在の大切さ、、
そんなコトを感じさせるストーリーねぇ。

一樹や虎雄の感覚は、女性の私には分かりづらかったり、、
ギフ(鹿賀丈史)をめぐる女の戦いには、あまり惹かれなかったり、、
今までの回と比べると、満足感がやや少なめな気はするのだが、
一樹や虎雄が言わんとするコトは何とな~く分かるし、
女たちの戦いの後の朝子を癒すギフの言葉は素晴らしかったし、、まあいいか~。

癒すと言えば、宝に笑顔を取り戻させたあの絵、、あの絵にまつわるエピソードが好き。
宝にとっても一樹って、大切な人なのねぇ、、と、改めて思ったよ。
一樹の感覚や感性が、テツコを通じて宝に力を与える、、素敵よねぇ。

 最後まで読んでいただけて嬉しいです  
チラリと共感していただけましたなら、ポチリっ。お願いしますあの♪
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

昨夜のカレー、明日のパン 第1回  *感想*
昨夜のカレー、明日のパン 第2回  *感想*
昨夜のカレー、明日のパン 第3回  *感想*
昨夜のカレー、明日のパン 第4回  *感想*
昨夜のカレー、明日のパン 第5回  *感想*
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 女はそれを許さない  第3... | トップ | 素敵な選TAXI  第5話  ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL