Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

大奥 ~誕生~[有功・家光篇] 第6話  *感想*

2012-11-17 | 秋ドラマ(2012) 感想
* 「あなたは母になり、強くなり美しくなった」 *

家光(多部未華子)と有功(堺雅人)のラブシーン・・色っぽかったなぁ。
有功の手を取り その手に口付けするシーンが特に好き。
有功の元へ一目散に駆け寄る姿は可愛いわ・・ 
キスシーンは頑張ってるわ・・(どうしても 多部ちゃん頑張ってる~っ♪と思ってしまう)
家光の魅力を存分に堪能できた気がするわぁ。
有功のほうは やっぱり サブタイトルにもなっている言葉が印象的ねぇ。
自分が救わなければならないお方として ずっと家光を見つめ続け 
家光の傍に遣えて彼女を守ることに 大奥での自分の存在意義を見出していた有功の複雑な想い・・
家光を母にさせ 強く美しい女性へと成長させたのが自分ではないという哀しみ・・
そんなものが伝わってくるような有功の表情だったなぁ。
呆気にとられるような捨蔵(窪田正孝)のエピソードのほうは衝撃的。
原作で感じられた 唐突に嫌なものを見せられたような印象を ドラマでも感じられたのがいい。
あの唐突な感じ自体が 何だかもう哀れでならないのよねぇ。
(あそこで 胸がすっとしたなどと のたまう玉栄(田中聖)の末恐ろしさたるや・・・。) 
上様や春日局の前で恐縮しきりの様子や 有功の前でチラリと見せる優越感 そして その後の哀れな姿と
今回も 独特の存在感で見せてくれた捨蔵に大満足。
正勝(平山浩行)と息子の対面時に漂う 無駄に引き伸ばした感じ・・ 
なんとか話数を稼ごうとする感じが ちと不満ではあるのだけれど 今回も楽しめたわぁ。

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ランキングに参加中です。共感していただけるトコロがありましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

大奥 ~誕生~[有功・家光篇] 第1話  *感想*
大奥 ~誕生~[有功・家光篇] 第2話  *感想*
大奥 ~誕生~[有功・家光篇] 第3話  *感想*
大奥 ~誕生~[有功・家光篇] 第4話  *感想*
大奥 ~誕生~[有功・家光篇] 第5話  *感想*
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 毒<ポイズン> 第7話  ... | トップ | 悪夢ちゃん  第6話   ... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あゆ)
2012-11-17 11:56:18
正勝と息子の対面シーン 間延びしてました? 私は、今まで春日に抑えつけられた欲求が、息子を見て 爆発したのだと思ったけど(^^)v 
 いくら、上様の格好でも、あんなに至近距離では、息子にばれると思ったんだけど(-_-;)
声も聞き覚えてもあるだろうし♪ 
ただ、その内容がCMまたぎをするための内容だったのは・・残念ですけど。
あゆ 様 (Lee)
2012-11-17 12:43:32
コメントありがとうございます♪

正勝の父親としての切ない想いが伝わってくるアタリは もちろん好きなのですが
個人的には あのシーンに 少しばかり時間を取りすぎな気がしました(汗)。
連ドラとして描いていくために スタッフの皆様はイロイロと苦労されているのね・・・
 などと 少し意地悪なコトを思ってしまった次第です。
Unknown (ラムネ)
2012-11-18 13:30:31
私もラブシーンに関しては、全ドラマをチェックしているわけではないですが、一番美しいと思います。
っていうか、ラブシーンのあるドラマがほとんどないですが・・・。(笑)
決して濃厚なラブシーンがいいのではなくて、感情の高まりが伝わってくるようなドキドキ感が、有功と家光にはありますよね。
余談ですが、「赤と黒」のラブシーンも美しいですね。
話は戻って、捨蔵の滑稽さと哀れさに私も大満足です。
捨蔵の屈託のない笑顔、もっと見たいくらいでした。(笑)
有功が決して聖人君子ではなく、玉栄が吐く毒が自分にもあることを知っているところに、魅力を感じますね。
ラムネ さま (Lee)
2012-11-18 15:48:57
コメントありがとうございます♪

綺麗なラブシーンでしたよねぇ。
生まれてきた子供の前で 手と手を握り合うシーンも なかなか色っぽくって 良かったです。

「赤と黒」 のラブシーン・・ ありゃあスゴイ!!(笑)。
テラとゴヌクの絡みの色っぽさたるや・・・。テラ様・・お美しい~♪
イケナイわ・・ ダメよ・・ と分かっているのにゴヌクに惹かれていくテラ様を かなり楽しんで観ております。
秘めた想いに揺れ動くテラの心に グイグイと入り込んでいくゴヌクの様子だとか
ホン・テソンのワイシャツだけを身につけちゃうジェインだとか
ジェインのピンチには 一目散で駆けつけるゴヌクだとか 
ワイシャツ一枚&ゴヌクのジャケットという はしたないお姿で しばらく街中を歩かされるジェインだとか
突っ込みドコロ満載なのだけど  女性の中にある乙女心を的確に突いてくるアタリに いつも感心してしまいます。
(あらら・・「大奥」についてよりも 「赤と黒」についてのほうが長くなってしまった・・・・。)
Unknown (ラムネ)
2012-11-19 22:56:23
>突っ込みドコロ満載なのだけど  

そーなんです~(笑)
でもでも、ラブシーンがエロ美しいんですよね。ウットリ~

>「赤と黒」についてのほうが長くなってしまった・・・・

ありがとうございます。全部、ウンウンうなずきました。(笑)

あと、「薄桜記」の夫婦愛は、涙が止まらなくなるほど奥ゆかしくて美しいラブシーンで、こちらも好きです。
関係ないことをまた書いて、ごめんなさい。ついうれしくて。
ラムネ さま (Lee)
2012-11-20 07:17:16
エロ美しい(笑)。 なるほど~ ピッタリの表現(笑)。
こちらこそ 「赤と黒」の感想をぶちまける場をいただいて感謝です。
「薄桜記」 のほうは 「赤と黒」とは対照的ですねぇ。
千春の奥ゆかしさは 日本の美だ~っ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL