Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

大奥 ~誕生~[有功・家光篇] 最終回  *感想*

2012-12-15 | 秋ドラマ(2012) 感想
* 「あなたのためだけに生きる」 *

何だかとっても最終回らしさを感じるわねぇ。
イロイロとまとめにかかってきた~といった印象が やっぱり強くって 
全体的には やや盛り上がりに欠けるものとなっているようにも感じてしまうのだけど
(ほら 今までイロイロ盛り上げて見せていただいてきたし・・やっぱりチョッと比べちゃうのよ・・)
最後の最後に家光(多部未華子)と有功(堺雅人)の様子をじっくりと見せてもらえたことには大満足。
瀕死の状態にあっても「ありこと」の響きがとっても可愛らしい家光が とにかく魅力的。
多部ちゃんの「ありこと」って 可愛らしいんだけど チョッと色っぽくもあって 何だかくすぐられるのよねぇ。
「千代のため、いや、わしのために生きよ。亡き後もわしのためだけに。」
というのも 家光らしさタップリでホント好き。
いつか共に死ぬ日がくることを夢見て生きてきた家光が 有功に託した激しいまでに強い愛ねぇ。
唯一 殉死を許された正勝(平山浩行)と有功・・ 家光を大切に想う二人の男の対照的な結末もいい。
病に倒れた家光を前に 玉栄(田中聖)とお夏が見せる親の愛や愚かさと
嘘偽りなく家光と接し 徳川のことを冷静に考える有功の対比も面白かったなぁ。
無用の争いを避けるためには何が最善なのか考え 家光に意見する有功を観ていると
春日の局が有功に託した強い想いが思い出されるわねぇ。
3人の姫の描写も楽しめたし 上手いコト映画へと続く流れで見せてきたなぁと感心させられてしまうし
盛り上がりに欠けるなどと文句をいいつつも 楽しめる最終回だった。

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ランキングに参加中です。共感していただけるトコロがありましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

大奥 ~誕生~[有功・家光篇] 第1話  *感想*
大奥 ~誕生~[有功・家光篇] 第2話  *感想*
大奥 ~誕生~[有功・家光篇] 第3話  *感想*
大奥 ~誕生~[有功・家光篇] 第4話  *感想*
大奥 ~誕生~[有功・家光篇] 第5話  *感想*
大奥 ~誕生~[有功・家光篇] 第6話  *感想*
大奥 ~誕生~[有功・家光篇] 第7話  *感想*
大奥 ~誕生~[有功・家光篇] 第8話  *感想*
大奥 ~誕生~[有功・家光篇] 第9話  *感想*
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 結婚しない  第10話  ... | トップ | 毒<ポイズン> 第11話 ... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
終わりましたね (ラムネ)
2012-12-15 17:58:32
ですよね。(笑)
ラストに向けてサクサクとまとまって、次(映画)に向けての序章になってました。
その中、玉栄との別れが一番グッとくるシーンでした。
田中聖クン、とっても良かったです。
「ありこと」の響きも切なくて、耳に残りました。
多部チャンがドンドン美しく色っぽく感じました。
あと、正勝との別れにやっと整理がついて、明るく次へと踏み出した妻の雪(南沢奈央)も爽やかでしたね。
「上様のおなり~」でかかる音楽も、MISIAの「DEEPNESS」もドラマに合ってると思いました。
私も、満足したドラマでした。(笑)
ラムネ さま (Lee)
2012-12-15 20:33:09
コメントありがとうございます♪

ホントホント 映画への序章ってな感じが漂ってましたねぇ。
田中聖さんは ハマってましたねぇ・・あの役。
最終回でも有功大好き♪な玉栄を観られて嬉しかったです。
ラムネさんが書かれているとおり 音楽もドラマを盛り上げてくれていたし 
それぞれのキャラクターも魅力的だったし 楽しめるドラマでした~。
有功様って(>_<) (あゆ)
2012-12-16 00:08:22
 確かに冷静でしたね 有功様は、大奥総取締りとしての任務に徹してるというか、一歩ひいて、姫様方を見てるというか(^.^) 本来の有功様に戻られた感じがしました。 
 3人のお子に区別がない分 冷静にお世継ぎの相談が出来るのはいいこと・・なんでしょうが、その向こうにある 上様の死にどう思うんだろうと思ってたら、有功様。 本心で上様と一緒に死ぬつもりだったですね! 
 でも、上様もその事は解っていたから あえて 生きることを命じた! 
なんか、二人の気持ちが通じあってる分 有功様が可哀想(ToT)でした。 
 しかも、長年連れ添った玉栄と別れ、大奥にひとり。橋の上で回想してる有功の表情が哀愁に溢れて見えた。
 4代将軍時代も、有功にとっては平穏ではないのを知っているので、あのシーンが悲しげに見えるのかも(^^;

 そう思うと、上様と殉死出来た稲葉様の方が幸せなのかも・・って思ったり。
あゆ 様 (Lee)
2012-12-16 08:50:53
コメントありがとうございます♪

橋の上の有功・・うんうん 哀愁漂ってました。
愛する人の想いを胸に これからも生きていかねばならない有功・・ですものねぇ。
上様と殉死出来た稲葉様の方が幸せ・・なるほど~ そんな風にも考えられますよね。
徳川を守っていくために(春日の局のせいじゃ~っ)翻弄された二人の男・・切ないです。

コメントを投稿

秋ドラマ(2012) 感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事