Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

ゴーイングマイホーム  第5話  *感想*

2012-11-15 | 秋ドラマ(2012) 感想
* 「クーナ探しに1億!?職場復帰で良多暴走」 *

萌江(蒔田彩珠)のエピソードがいいわぁ。(萌江が大のお気に入りな私の贔屓目かしら?)
萌江が何故 あそこまでクーナを大切に思っているのか 少しずつ分かってきたのもいい。
教室から無くなってしまっためぐみちゃんの机・・ 指先でそっと撫でるシール・・  
クーナの人形にお弁当のおかずをお供えして祈る姿に めぐみの机を取り返し教室に帰す様子・・
小さな萌江が ひっそりと抱えている想いが じんわりと滲み出してくるエピソードはとても印象深い。
も~う すっかりクーナの虜になっちゃってる良多(阿部寛)も好き。
毎度お馴染みクーナの夢を見て 「ふ、ふふ、、」と笑う良多がツボ。
良多と萌江の間で繰り広げられる クーナをめぐるバトルも面白い。
一体全体クーナをどのように広げていくつもりなのかしら? などと思っていただけに
それを良多の仕事に結び付けてしまう流れには ナルホド~と 深く納得。
親父が 親父が と 親父連発・・ まんまと真田(新井浩文)をクーナ探しにまきこんでしまうクダリがいいわぁ。
真田が仕事として協力することを決めた際に見せる良多の顔ったら・・。小賢しさタップリでこれまたツボ。
クーナのことがもの凄~く気になっているくせに ことごとく親父を言い訳にする様子も面白い。
このドラマにおけるクーナの存在・・ クーナの意味・・ そんなものも少しずつ見え始めてきたように思うし
リアリスト・沙江(山口智子)の原点が垣間見えてきたりと 
また一歩 このドラマの世界の中へと踏み込んだような気持ちにさせられて 
何だか ますますこのドラマへの愛着が沸いてきた気がするわぁ。

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ランキングに参加中です。チラリと共感していただけましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ゴーイングマイホーム  第1話  *感想*
ゴーイングマイホーム  第2話  *感想*
ゴーイングマイホーム  第3話  *感想*
ゴーイングマイホーム  第4話  *感想*
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プレミアムドラマ そこをな... | トップ | 結婚しない  第6話  *... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (もぐ)
2012-11-15 15:06:44
はじめまして。
最初はなんとなく観てましたけど、わたしも今週くらいからさらにググッと引き込まれてきました。
視聴率的にはよくないみたいですが、ていねいなお話ですよね。わたしも萌絵ちゃんのキャラも好きだし、あの行動の裏にはこういうことがあるのかと納得でした☆
もぐ 様 (Lee)
2012-11-15 17:52:04
コメントありがとうございます♪ はじめまして~。

いいですよねぇ・・ このドラマ。萌江ちゃんも可愛い♪ 
視聴率の下がりっぷりには やっぱり寂しさを感じてしまうのですが
このまま最後まで 独特の世界観を貫いていってほしいと願っています。
Unknown (とことこ)
2012-11-15 18:01:27
今週は沙江の生い立ちみたいのも出てきて、今まで、娘に対して、どうも愛情深さみたいなものが見られないというか、サバサバあっさりしてるというか、深く立ち入らないようにしてるというか、そんな感じがしていたのが、なんとなくわかったような気がします。きっと自分がお弁当を作ってもらえなかったから、娘にはきちんと作ろうと思うんでしょうが、娘からすると、仕事の延長として作られたお弁当っていうのを感じるのではないでしょうか。あのお弁当箱を見ても、萌江ちゃんは、きっとみんなみたいな かわいいお弁当箱が本当はいいんじゃないかなあって思いました。 クーナが見つかれば、もう会えない人に会える っていう所に ぐっときました。これから楽しみになってきました。
Unknown (リプル)
2012-11-15 18:33:47
TV業界の伝手を使ってクーナへと繋げる展開は何となく予感していたものの、
それを自然な感じで観させるのは少々難しいかなぁと思ってました。
冒頭のクーナは本当に必要なのかなぁ、、とも。
でも、ここに来て夢クーナは無駄なようでいて無駄じゃない時間というか、、
良多のクーナ愛を考える上で重要なシーンにも思えてきます。

“千円くれた親父のため”とか何とかかこつけて その実クーナのためにとても嬉しそうに動く良多。
ある意味無策無謀とも思える行動だけど、
一生懸命事態を何とかしようとするひたむきなその姿に真田は以前の憧れていた頃の良多を見つけ
“親父という言葉に弱い”と言いながらも嬉しそうに付き合う。
遠まわしな言い方で良多にうまく伝わったかは微妙だけれど、沙江もまた然り。
この辺り抑え目だけれどより深く、核心にも迫る一連の流れ具合がとっても良かったです。
頬にしっかり刻まれた夢の跡(笑)も、萌江のエピソードも良かったですね。
でもそんなところにお供えするとクーナ達が一番嫌いなものが。(苦笑)

細かいところでは敏子(吉行和子)、演技上電話の先に誰も居ないのだろうけど
受話器先の話し相手が見て取れるような遠い目で、さすがベテランと思わせる仕草でした。
スローで進んでいた物語ももう5話、クーナ探しに単を発するこの先の展開は結構早そうです。
大金が絡むと余計な心配事が増えそうな気もするので(笑)
個人的にはひっそりと静かにさせておいてあげたいなぁ、クーナ達。
とことこ 様 (Lee)
2012-11-15 20:00:08
コメントありがとうございます♪

沙江の生い立ちは興味深いものがありますよねぇ。
あんなに丁寧に料理をする女性が あのような母に育てられたというのが なんとも・・。
とことこさんが書かれているように 萌江ちゃんの心情はチョッと複雑なものがありそうですよねぇ。
だって あの家族が いつも食事をする場所からして 違和感ありますもの。
(まあ あの家族がそれでいいのなら 別にいいんですけどねぇ。)

クーナの存在が いい感じに効いてきましたよねぇ。
今後がますます楽しみになってきました。 
リプル さま (Lee)
2012-11-15 20:06:53
コメントありがとうございます♪

そう言われてみれば 確かに・・・(笑)。
あんなトコロにお供えしていたら クーナの嫌いな奴がやってきそう(笑)。

敏子の電話シーンは いつも短いですが 私も好きです。
本音が含まれていることもあれば 強がっているように感じられることもあったり・・
たくさんの年を重ねてこられてきた方の想いというものが感じられるような気がします。 

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL