Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

実験刑事トトリ  第2回   *感想*

2012-11-12 | 秋ドラマ(2012) 感想
* 「女はドレスに罪を隠す」 *

前回ほどには楽しめなかったなぁ。 全体的には前回のほうが好き。
それでも このドラマの一番の見せドコロである 犯人を追及するシーンは面白かったわぁ。
罠をしかける都鳥(三上博史)と まんまと罠にハマり犯人しか知りえないコトを暴露してしまう真沙美(夏木マリ)の様子や
ミスを犯した後もなお シラを切り嘘を重ねる真沙美と 彼女を追い詰めていく都鳥の様子は楽しめる。
トルソーには自分の服がかけられていることが当然なのだと 真沙美が思い込んでいたことが 
彼女が犯行を隠しきることができなかった理由だったのだという都鳥の言葉が特に面白かったなぁ。
今の自分が置かれている状況・・和子(黒田福美)の気持ちが自分から離れてしまっていることを
冷静に受け止めることができなかったがために 殺人を犯してしまい その犯行を完璧に隠すこともできなかった・・
という 皮肉な結果となってしまったということなのねぇ。

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ランキングに参加中です。共感していただけるトコロがありましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

実験刑事トトリ  第1回   *感想*
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« MONSTERS  第4話  *感想* | トップ | PRICELESS~あるわけねぇだろ... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (リプル)
2012-11-12 22:31:52
すぐにみこしに乗ってしまう安永(高橋光臣)はホント憎めませんね。
ピントのズレ方も安定してるし。(笑)
犯行へ至った経緯の時間の割き方と全体の流れ具合は前回と同じかな。
犯人へのいやらしい程の詰め寄り方に某古畑を思い浮かべました。
その辺り 更に輪をかけたように心の内面を解き明かすのがトトリ流?

前回のスパよりも今回の機械仕掛けアイテムの方が実験っぽかったです。
でも、あんなに大袈裟な装置にしなくても発信ボタンを押す仕掛けは作れそうな気もする。(汗)
それよりなにより、、学者だからてっきりフランス語が話せるものとばかり。(笑)
リプル さま (Lee)
2012-11-12 23:11:38
コメントありがとうございます♪

古畑スタイルですもんねぇ。 
穏やかに相手を追い詰めていく感じは 近いものがあるかも~。
今回は チョッと笑っちゃうくらい大仕掛けな装置でしたよね。
月9で放送されていた 密室トリックものドラマを思い出しちゃいました。

私も 都鳥はフランス語ができる・・という カッコいい設定になっているものだとばかり思ってました(笑)。
Unknown (リプル)
2012-11-13 00:47:52
でも、よくよく考えたら実はフランス語が話せるという設定なのかな?
あの場面では話さなくとも意図していたこと(短縮ボタンを使うか否かの確認)は解決してたし、
ワザと話せないフリをしたということも十分考えられる。
どちらとも取れる設定の方が後々都合がいいことも・・・と考えると、あのアメ玉も実は甘くないのかも。(笑)
リプル さま (Lee)
2012-11-13 07:17:52
あら~ そこまでは考えませんでした(笑)。
なんでも出来ちゃいそうなキャラではありますよねぇ。

コメントを投稿

秋ドラマ(2012) 感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL